ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

忙しいパパ、ママっ子の息子…3人で手をつないだ日、家族で過ごす喜びを知りました

DATE:
  • ガジェット通信を≫

我が夫は出張が多い仕事で、家にいることがあまりありません。

また、家に帰ってきていても平日も週末も関係ない仕事なので、自然と私と息子の2人だけで遊ぶという日が増えてきます。

2人の時は公園に行ったり、支援センターに行ったりしています。

ひさしぶりに夫が休みになり、家族3人で出かけたときのこと。

近くの公園に行ったんですが、公園内で車も通らないので息子が歩きたいように歩いてもらうため、手を繋がずに歩いていると、向こうから片方をお父さん、もう片方をお母さんと手をつないだ男の子が、「ジャーンプ!」と言いながら楽しそうに歩いてきました。

その男の子は我が子より1つ上ぐらいだったでしょうか。その光景を見た我が子が楽しそうだと思ったのか、私たちの手を引っ張り、手を繋いでとねだってきました。

右手をお父さんと繋ぎ、左手に私と手を繋ぐと、その日の中でも一番嬉しそうな顔で「やったー!」と言いながら、とても楽しそうに歩き始めました。

その後、さっきすれ違った子がやっていたようにジャンプしたそうなジェスチャーをしたので、「ジャーンプ!」と声を出して手を引っ張ってジャンプをさせてあげると、声を上げて笑いながら何度も何度もジャンプをせがんできました。

ジャンプするごとに笑い、「たのしいねぇ」と言います。

その姿を見たときに、ここ最近はずっと「ママ! ママ!」で、私が家のトイレに行こうとするとついてきたがるし、お風呂だってお父さんが入れてくれても私が入り始めると「いっしょにー!」と泣いて一緒に入りたがり、夫が悲しい顔で「ほんとにママが好きなんだねー」と言うほど、「ママ! ママ!」だったのに、両側で父と母が手を繋いでくれているのは、本人にとってはとても嬉しいんだなぁと思いました。 関連記事:よく泣く次男に妻のストレスは最高潮。そんな時、長男が教えてくれた大切なこと

それからというもの、食事中でも息子の両脇で座っている夫と私の手を取り、嬉しそうに繋いでいたりします。

息子が産まれるまで、夫と2人だけの生活が4年ほど続き、それなりに仲は良かったと思います。

ですが、息子が産まれてからというもの、私はどこかで優先順位がまず息子になり、大事な夫が二の次になってしまったり、子どもの扱い方の違いでイライラしてしまったり。

息子にとっては大事なお父さんであり、お母さんなんだと身に染みて感じ、これからは夫のこともまたちゃんと大事にしていこうと心に誓った瞬間でもありました。

まだまだ小さいし、無邪気なだけに見えて、意外と子どもから教わることって多いです。 関連記事:ボタンの掛け違いから、夫も私も孤独に…産後クライシスの解決法、冷静に分析してみた

著者:やまとも

年齢:37歳

子どもの年齢:2歳

結婚5年目に入った35歳で初めての妊娠・出産。10年以上フリーペーパーの編集をし、妊娠を機に退職し、現在はフリーランスで少しずつ仕事をしています。日に日にやんちゃになっていく息子がおもしろくもあり、心配でもあり(笑)。毎日楽しく過ごしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

秋は願書配布の季節。幼稚園の選び方で、数年後の小学校デビューがスムーズに?!
女性ばかりに囲まれて育つ乳幼児期。子どもたちにとって大人の男性ってどういう存在? byムーチョ
ベビーバス、1歳過ぎまで大活躍!双子のお風呂事情を振り返る by ぐっちぃ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。