ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・ソング・チャート】ザ・チェインスモーカーズ&ホールジーが自身初のNo.1獲得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月29日に発売された、ザ・チェインスモーカーズの新曲「クローサー」が、自身初のNo.1獲得を果たした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 先週の6位から一気にジャンプアップし、シーアの「チープ・スリルズ」から首位の座を勝ち取った、ザ・チェインスモーカーズの「クローサー」。ニュージャージー州出身の女性シンガー、ホールジーをゲストに迎えたミディアム調のエレクトロ・ポップで、8千万回に到達するリリック・ビデオ、ラジオエアプレイ、デジタル・セールス共に好調。ミュージック・ビデオが公開されれば、さらにポイントを伸ばすだろう。ダンス・チャートでも首位をマークし、オーストラリアでもNo.1を獲得した。UK(英国チャート)では4位、カナダでも同4位、スウェーデンでは8位まで上昇中。

 来日公演で日本のファンを沸かせた、ジャスティン・ビーバー、【SUMMER SONIC 2016】に出演したムーをゲストに迎えた、メジャー・レイザーの新曲「コールド・ウォーター」は3位にダウンしたが、ポイントは好調。こちらも、公開されるかは未定だが、ビデオのリリースがあれば首位獲得もまだ期待できる。また、4位に上昇中のトゥエンティ・ワン・パイロッツの新曲「ヒーゼンズ」も、この曲が収録された映画『スーサイド・スクワッド』のサントラ盤が、2週目の首位を獲得し絶好調で、次週はTOP3入りする可能性も高い。

 「ワーク」(今週38位)に続いて再タッグを組んだ、ドレイクとリアーナの新曲「トゥ・グッド」が、先週の17位から14位へ順調に上昇中。そして、ドレイクをフィーチャリング・ゲストとして招いた、DJキャレドの新曲「フォー・フリー」が続いて15位にランクインしている。ドレイクは、5月から10週間の首位をマークした「ワン・ダンス」も、未だ7位にランクインしていて、22位の「コントローラ」など含め、TOP100位内に9曲をランクインさせている。アルバム『ヴュース』も、アルバム・チャートで2位に停滞中だ。

 首位を獲得した、ザ・チェインスモーカーズの前曲「ドント・レット・ミー・ダウン」でフックを務めた女性シンガー、デイアの新曲「シット・スティル、ルック・プリティー」が、この曲のヒットを受けて先週の56位から36位へ急上昇した。デイアは、今年初頭にデビュー・シングル「ハイド・アウェイ」がスマッシュ・ヒット(最高位23位)を記録し、2016年期待のブレイク・シンガーとしても取り上げらている。この曲で、自身2曲目のTOP10入りなるか、注目が集まる。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、24日22時以降となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「クローサー」ザ・チェインスモーカーズ feat.ホールジー
2位「チープ・スリルズ」シーア feat.ショーン・ポール
3位「コールド・ウォーター」メジャー・レイザーfeat.ジャスティン・ビーバー&ムー
4位「ヒーゼンズ」トゥエンティ・ワン・パイロッツ
5位「ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー feat.リアーナ」カルヴィン・ハリス
6位「ライド」トウェンティ・ワン・パイロッツ
7位「ワン・ダンス」ドレイク
8位「ドント・レット・ミー・ダウン」ザ・チェインスモーカーズ
9位「キャント・ストップ・ザ・フィーリング」ジャスティン・ティンバーレイク
10位「センド・マイ・ラヴ(トゥ・ユア・ニュー・ラヴァー)」アデル

関連記事リンク(外部サイト)

8月27日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
8月27日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
デヴィッド・ボウイの記念プレートがベルリンの元住居に設置される

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP