ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

熱、冷気、感電を再現するグローブ「PowerClaw」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

熱や電気といった触覚へのフィードバックを実現するVRグローブ「PowerClaw」の開発版が、ドイツで開催されたゲームイベントGamescom2016で公開されました。

熱や電気を再現するVRグローブ

グローブ型の触覚再現デバイスは今までも見られましたが、本デバイスでは「熱さ」「冷気」「電気ショック」といった様々な感覚を再現しているのが特長。

デモ動画では、画面内で手に電流が触れると体験者も反応し、太陽に手を近づけると熱さを感じている様子が見られます。また、動物の毛並みを撫でているシーンもあり、様々なものに触れる感覚も再現しているのがわかります。

本デバイスだけでは手の位置のトラッキングは出来ませんが、「Leap Motion」と組み合わせることで位置のトラッキングも可能になります。

IndieGogoで資金募集中

「PowerClaw」は現在クラウドファンディングサービス「IndieGogo」での資金調達を行っています。

本デバイスは今年9月までIndieGogoでの資金募集を行い、2017年2月に製品版をリリース予定。

https://www.youtube.com/watch?v=bzLAyCcRP0Q

似たようなデバイスでは「Glove One」が2015年7月にKickstarterで15万ドル(約1,500万円)を調達し、今年のE3でも展示されていました。

触覚の再現もまた、没入できるVR体験には必須となる技術の一つです。
「PowerClaw」を始めとする様々なグローブ型/非グローブ型デバイスで、より直感的にバーチャル世界と触れ合える日が楽しみです。

IndieGogo「PowerClaw」資金調達サイト
https://www.indiegogo.com/projects/powerclaw-the-most-advanced-haptic-device-videogames-technology#/

(参考)
Road to VR / PowerClaw is a Haptic Glove Ready To Freeze, Burn, and Shock You (Virtually)(英語)
http://www.roadtovr.com/powerclaw-haptic-glove-ready-freeze-burn-shock-virtually/

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP