体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本ではまだチャンスあり!? Uberに代表される、勝ち組オンデマンド企業とは?

困ったとき、欲しいときに、欲しいだけのものをすぐに手に入れることができる――。3億2,000万人が暮らすアメリカ合衆国の生活を、丸ごと便利なものに変えようとしているのが、オンデマンドエコノミーと呼ばれる”現象”だ。「オンデマンド(On Demand)」とは、使う側のユーザビリティーを第一にサービスを提供する仕組みを指す。たとえば、テレビ欄どおりの放映時間ではなく、観たい時に観たい映像コンテンツを観ることができてしまう、ビデオオンデマンドなんかもその代表だ。

すぐに友達と連絡をやり取りができるメールや、近況を知ることができるSNSは、私たちの生活をそれなしでは成り立たないものにまるで変えてしまった。しかし、オンデマンドが普及すれば、スマホは今以上に必要不可欠なものとなるだろう。アプリのボタンを、数タップするだけで、タクシーを呼び、夕飯の買い出しを済ませて、おまけに犬の散歩まで完了させることができてしまうのだ。

そんなオンデマンドエコノミーの先駆者といえるのが、「Uber(ウーバー)」だ。タクシーの代わりにクルマを所有している個人がやってきて、目的地まで運んでくれるというもの。「すぐに安価な移動手段が買える」ことで、もはや既存のタクシーを使う人は激減。2015年には、タクシー会社が次々と破産していくなか、Uberはおよそ1,500億円もの売り上げに。既にオンデマンドエコノミーによる、業界のバトンチェンジは完了されつつあるのだ。

Uberの成功は、起業家たちのベンチャー精神を大いに刺激し、それこそ雨後の筍のごとく、さまざまな業種でのオンデマンドエコノミー化が進んでいる。彼らは「Uber for X(◯◯のUber)」と称され、たとえば「引っ越しのUber」、「受付スタッフのUber」などなど、とにかくなんでも「オンデマンドにすれば成功すんじゃね?」的な勢いで増え続けている。そして実際のところ、多くの企業が成功を収めている。

では実際に、アメリカでオンデマンドを取り入れて成功しているサービスを幾つか取り上げてみよう。

生鮮食品のお使いを頼めるオンデマンド「Instacart」

まず、Uberに続く成長速度で伸びているのは、「Instacart(インスタカート)」だ。Instacartでは、セーフウェイやトレーダージョーズのアメリカ有名スーパーから、数時間以内でユーザーに生鮮食品を届ける「お使い」を提供している。アプリを開くと、バナナやアボカド、キャベツなど見慣れた食材が並んで、これをタップしてショッピングカートを入れるだけでお届けしてくれる。まさに、「未来の買い物」とはこのことだ。

Instacart

猫の手も借りたい忙しさに助っ人を呼べる「Task Rabbit」

「TaskRabbit(タスクラビット)」も便利。猫の手も借りたいような、忙しいことは重なるものだ。子供の世話をしなきゃいけないのに、急な仕事が入ってしまったり、イベント開催前に相次ぐスタッフのドタキャンなんてことも。そんな追い詰められた瞬間に、モバイルアプリの数タップで、猫ではなく”ラビット”を召喚することができるのがサービスの特徴だ。

Task Rabbit

「犬の散歩」をスマホで注文することができる「Wag」

「Wag(ウェグ)」は、飼い犬の散歩に出かけようと思ったのに、急に別の用事が入ってしまったパターンに、ドッグウォーカーをモバイルアプリで紹介してくれるニッチなサービスだ。飼ってる人なら分かるはず、ちょっと散歩を怠っただけで犬はストレスがたまってしまう。Wagでは、すぐに対応できる「犬の散歩」を買うことができる。散歩の間は、ドッグウォーカーがどこを歩いているかをアプリで確認することもできるので安心。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。