ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

経験者100人が語る! 離婚で面倒だったことTOP10

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「結婚も離婚も”紙切れ一枚”」なんて言葉も聞くが、実際にはそんな生易しいものではなさそう…と思うのが未婚者の本音。特に離婚は、「あんなに幸せだったのに…」などの気分の落ち込みももちろんだが、届出や各所への報告、金銭関係の整理など、面倒事はかなり多そうだ。なかでも最も面倒なこととは何なのだろうか? そこで、20~40代の子どものいない離婚経験者男女100人に、「離婚で最も面倒だったこと」についてアンケート調査を行った。

【もっと大きな画像や図表を見る】

■離婚で面倒だったことTOP10

(16の項目から1~3位まで選んでもらい、1位を3pt、2位を2pt、3位を1ptとして集計。R25調べ・協力/アイリサーチ)

1位 相手に離婚の同意を得ること 85pt
2位 姓・戸籍の変更 69pt
3位 慰謝料の話し合い 60pt
4位 転居の手続き 58pt
5位 公的サービス(国民年金、健康保険など)の加入や変更 49pt
6位 自分の両親に離婚の報告をすること 42pt
7位 知人から「なんで離婚したの?」と聞かれること 35pt
8位 相手の両親に離婚の報告をすること 32pt
8位 職場への離婚報告 32pt
10位 友人に会うたびに、離婚報告をしなければいけなかったこと 24pt

各種手続きを押しのけて、1位になったのは「相手に離婚の同意を得ること」。やはり当人同士の心の問題が、最も重くのしかかるのだろう。各項目を選んだ人に当時を思い出し、エピソードを語ってもらった。

【1位 相手に離婚の同意を得ること 85pt】
「お互いの気持ちを納得することに時間がかかったので」(29歳・男性)
「同意を得るのに数カ月かかったから」(47歳・男性)
「相手に落ち度があるにもかかわらずなかなか同意してくれず」(47歳・女性)

【2位 姓・戸籍の変更 69pt】
「免許の書き換えに、クレジットカード等の変更が面倒だったから」(42歳・女性)
「仕事中に役所に行ったり、時間が掛かり非常に困憊した」(42歳・男性)
「本籍がちょっと離れた場所だったので、役所に行くのが面倒だった」(46歳・女性)

【3位 慰謝料の話し合い 60pt】
「相手の親が話に割り込んで来て落とし前つけてけと一方的だったから。もちろんそんなもの通りません」(33歳・男性)
「話し合いにならず調停で話し合いをした。 申し立てから調停が始まるまで時間がかかり、相手の準備が悪く長引いた」(46歳・女性)
「こちらから申し込んだのでできるだけのことはしてやりたかった。相場だけで判断しづらく、一方でお金で決着できるものではないと痛感したので、どう切り出して納得してもらうか考え続けた」(49歳・男性)

【4位 転居の手続き 58pt】
「実家が離れていたので、引っ越し準備が一番大変だったため」(33歳・女性)
「相手がすぐに出て行ったため、一人では家賃が高く、引っ越さなければならなかった」(36歳・男性)

【5位 公的サービス(国民年金、健康保険など)の加入や変更 49pt】
「それまで扶養扱いだったのが変わったから」(41歳・女性)
「色々な行政関係の手続きの度に住民票が必要で原本だったりコピーで良かったりで足りなくなり何度も区役所に取りに行く羽目になった」(49歳・女性)

【6位 自分の両親に離婚の報告をすること 42pt】
「離れて暮らしているので、中々会ってきちんと話す機会を作れなかった」(33歳・女性)
「親は、元旦那を気に入っていたので。それまでの経緯は、一切話していなかったので、泣かれてしまいました」(48歳・女性)

【7位 知人から「なんで離婚したの?」と聞かれること 35pt】
「人の感情は複雑であり、機械のように割り切れないものであるにもかかわらず、このような質問をしてくる人たちの想像力の欠如に呆れる」(47歳・男性)
「自分の借金問題もあわせて語らなければならなかったから」(49歳・男性)

【8位 相手の両親に離婚の報告をすること 32pt】
「かなり攻撃的な義両親であったため、何度も何度も遠方まで呼び出され説明を求められたので」(42歳・男性)

【8位 職場への離婚報告 32pt】
「扶養の手続きとか、説明とか」(36歳・男性)
「元夫も同じ会社だったため。仕事がやりづらくなった」(47歳・女性)

【10位 友人に会うたびに、離婚報告をしなければいけなかったこと 24pt】
「よく会う人はいいけど疎遠に人に対して難しかった」(39歳・女性)

なお、このほか面倒だったこととして、「財産分割」(44歳・女性)、「貸したお金を返してもらうこと」(26歳・女性)といったお金にまつわるやりとりを挙げた人もいた。

様々ある離婚に関する面倒事。ただし、同じ100人に「離婚を後悔しているか?」と質問してみると、以下のような結果となった。

〈離婚したことを後悔してる?〉

・後悔している 4.0%
・後悔していない 96.0%

「後悔していない」が圧倒的だ。離婚はしないに越したことはない。ただ、つらい道程があるものの、前向きに捉えられている人がほとんどのようだった。

(千川 武)

(R25編集部)

経験者100人が語る! 離婚で面倒だったことTOP10はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

離婚経験者4人に1人「結婚直後には別れる予感」
加護亜依の再婚 ネットは「今度こそ!」とエール多数
意外!?「夫に選ぶ人」の●●は理想通りじゃなくていい!
独身男200人「妥協できない嫁の条件は●●…!」
夏場の空調バトル、「暑がり男」は同性にも敬遠される!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP