ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

anderlust、配信スタイルのライブイベントに約42万人が視聴

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
anderlust、配信スタイルのライブイベントに約42万人が視聴

生歌重視の超大型新人anderlust(アンダーラスト)が、2ndシングル「いつかの自分」の先行配信リリースを記念して、21日に配信スタイルのライブイベント「anderlust プレミアムLINE LIVE」を行った。

「世界最高峰のレコーディングスタジオ“Sony Music Studios Tokyo”から最高音質でバンドスタイルのライブをお届けします」と銘打たれて注目が集まったイベントは、約42万人もの視聴者を集める事に成功した。音響的に考え抜かれた場所での圧倒的なパフォーマンスにリアルタイムに絶賛するコメントが多数寄せられた。

テクノロジーの発達により、レコーディング作品においてはたとえスキル不足のアーティストによる歌であってもいくらでも修正加工することが可能になり、歌唱力の差が目立ちにくくなった昨今、特に生歌にこだわり愚直にそのクオリティーにこだわり続けてきたanderslut。ラジオやテレビでの出演においても、積極的にアコースティックスタイルでの生演奏を行い、実力を高めてきた2人だからこそ、多くの人を魅了出来た結果といえよう。

今回のシングルはフジテレビノイタミナアニメ「バッテリー」のOPテーマとなった表題曲「いつかの自分」に加え、EDテーマとして放送回によって入れ替わりながら使用される「明日、春が来たら」と「若者のすべて」という大名曲のカバー作品だ。そしてSo-net サービス 開始20周年タイアップソングともなった、「Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜」も収録される。

日本を代表する音楽プロデューサー小林武史のバックアップを受けつつ、一歩一歩真のアーティストとして経験を積み重ねてゆくanderlust。今求められるJ-POPのあるべき姿を具現化するために、必死に頑張る若者2人のその姿に、世代を問わず多くの人が感銘を受けることだろう。

関連リンク

anderlust オフィシャルサイトhttp://www.anderlust.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。