ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブルーインパルスが6機揃って行う課目は3つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ブルーインパルスは6機編成でアクロバット飛行を行いますが、6機揃って行う課目は意外に少なく3つしかありません。この3つ課目が登場するのは展示飛行も後半に入ったところになります。6機のT-4が全く乱れることなく、ピッタリと揃って飛行する姿は圧巻です。

ブルーインパルス6機の課目

「デルタロール」は会場左前方からデルタ隊形で進入してきたブルーインパルス6機が、上昇しつつ隊形を保ったままロールを行い、方向を変えて会場右手に抜けていく課目です。

正面から見ると円を描いているように見えますが、上から見るとL字に曲がっていくという形。機数が多くスモークの残り方もハデになるので、アップで編隊を狙っても、引いてスモークの形を活かした撮り方をしても絵になります。

「デルタループ」はデルタ隊形で行うのは一緒ですが、こちらはぐるりと垂直の円を描くループです。会場右手の後方よりスモークを出しながら、進入してきた6機のT-4は、会場正面で上昇。空中に大きな円を作り、左手に抜けていきます。

ブルーインパルスの間隔が広い

デルタロールと同じように、200mm程度の短めの望遠レンズで、スモークの形を活かす構図で撮るのがオススメ。しかし、快晴なら思い切って広角レンズで、キレイなループが描かれている様子を収めるのも絵になります。

「ボントンロール」は会場正面やや左から広めのデルタ隊形で進入、会場中央の滑走路付近に来たところで1番機の号令に合わせてスモークを切り、6機が一斉にエルロンロールを実施。他の課目と違って、スモークを出していないところが見せ場です。

ブルーインパルスの機体の間隔が広いため、全機を入れて撮る場合は、200mm程度でも十分。しかし、エルロンロールを行っている一瞬を撮っても、微妙に角度がバラバラな編隊という感じになります。写真を撮るには絵にしにくい課目です。

関連記事リンク(外部サイト)

戦闘機のパイロットが使う秘密の航空無線とは?
ブルーインパルスのパイロットが使う周波数は?
ホバリングする陸自のUH-60JAが賞賛された理由
ブルーインパルスのパイロット同士の交信を聞く
ブルーインパルスのスケジュールをチェックする

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP