ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『NUVO jSAX』何と丸洗い可能なプラスティック製サックス、オモチャのようだが立派な楽器の音がした!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サックス(サクソフォーン)と言えば”けそそそ”と称されるムーディーな音色が魅力のかっこいい楽器の代表格のひとつで、高価ぶりも知られるところ。ところがこの『NUVO jSAX(ジェイサックス)』は1万円台で買えるプラスティック製サックス。オモチャなんでしょ? と言いたくなる気持ちはわかるが、これがかなりの本格派だった!

唾液まみれになってもザブッと丸洗いできるサックス、清潔派もこれで安心!

管楽器全般に言えることだが、演奏者の傍らにはよく専用のぞうきんなどが置いてあって、滴る唾液をふき取っている姿をよく見る。構造上仕方ないとはいえ、これ、正直言って潔癖派の人にとっては少々腰がひける。また木管楽器であり金属製部品を使用しているが故に、丸洗いもまままならない…。


どんなに音色が気に入っても、その楽器を学ぶのに勇気がいる。そう、そんな低いレベルで記者は始めようとも思わなかった。愚かしいことだが、除菌全盛の時代なので、頷いてくれる人もいるのでは?

そんな中登場したのがこのキョーリツコーポレーション(名古屋市天白区)の『NUVO jSAX(ジェイサックス)』(完全防水仕様・希望小売価格 税抜12,000円・発売中)。しょうもない理由だが、これはプラスティック製で丸洗い可能というところに、まず食いついてしまった。


実はNUVOはプラスティック製楽器ブランドとして有名で、以前発売された「プラスチックフルート」が、安いけれどなかなか良い音がすると評判になったこともある。そしてついに待望のサックス登場ということで、話題必至の新製品だ。


通常サックスを購入しようと思うと、20万円台半ばが基本。ギターなどは4〜5万程度でもそこそこの楽器が手に入るが、安くても8万円くらいが妥当なサックスはかなり敷居が高い。それがこの1万円台である。それだけで実はすごいことだ。もちろん見た目はプラスティック感丸出しなので、オモチャっぽいのだけれど、実力もなかなかという話。そこで記者だけの見識だと心もとないので、プロミュージシャンで音楽講師の曽根俊彦氏とともに検証してみた。

音量は通常のサックス並み、音を出すのは難しいが本格的な音色に驚き!

プラスティック製で丸洗い可能、何ならシャワーを浴びながらでも、波打ち際でカラダを濡らしながらでも吹くことができるのがこの『NUVO jSAX(ジェイサックス)』。その使用シチュエーションを考えるだけでも可能性が無限に広がりそうな代物だが、楽器としての実力はどんなものなのだろうか。

「本当に安いオモチャ的なサックスって、半音が出ないことも多いんです。なのにこれは半音も出るし、オクターブも出る。1万円台でこれはなかなかありません。半音を出すときにリコーダーのように裏側のリングホールを押さえるところはイレギュラーですが、他は通常のサックスと操作はほとんど同じです」(曽根氏)

サックスとしては珍しいC調で、他の楽器とのセッションも楽々。音域は中央C(C4)〜12度上のG(G5)。

リードまで全てプラスティック製。キャップ付きリガチャー一体型マウスピースとのことだが、取り外しも可能だ。

「音を出してみて驚きました。音量は通常のサックスとほぼ同じなので、ライブハウスなどでも使用できますね。ただ音を出すのは少々心得がないと難しい。仲間うちでも普段テナーやバリトンなどの低めのサックスを吹いている人でも苦労してましたね。サックスはソプラノなど高音になればなるほど、音を出すのが難しいんです。なので全くの初心者だとまず音を出すだけで苦労するかもしれません」(同)

確かに見た目がオモチャ感覚なので、簡単に音が出そうだが、実際にやってみるとひと苦労。本体先端にリガチャーとリードが一体化されているマウスピースをはめ込んで、歯で噛んで息を吹き込むのだが、なかなか音が鳴りにくい。手軽な価格ではあるけれど、サッスクを吹いたこともない人がサクッと吹けるものではないようだ。

「実際のサックスはリガチャーによるリードの締め具合や、リードの湿り具合によって音色が決まることもあります。リードがはめやすいというところは便利ですが、逆に締まりがゆるい分リードがずれやすくなっていることや、また、通常リードは葦などの素材でできていて、水分を吸収することで音が出やすくなったり音色を決めたりするのですが、こちらはプラスティックでできているため水分を吸収しないので、そのあたりを注意すれば、かなり良い音で本格的な演奏が楽しめますよ。プロの演奏家の中には、複数のリードを所持していて、天気やその日の湿度によって適切なリードを選んだりしますからね」(同)

 

 

まとめ:以前たしなんでいた人、本格的にサックスを始めたい人の練習にも最適

通常のサックスは手入れも面倒で、そのまま部屋の片隅に転がしておくわけにもいかず、ケースにしまい込まなければならない面倒さがあった。思い立ってすかさずフレーズを吹いてみるという気軽さとは無縁なのが常識だった。

 

なのでこの、”そこらへんに転がしておける”サックスは画期的。思いついたメロディーをサッと吹いてみることが可能になるので、演奏ライフ自体が変わる可能性がある(音は大きいので住宅事情を考慮する必要があるが)。また軽いのでネックストラップを使用する必要もない。


ただ丸洗い後は乾燥させる必要があるが、そこは楽器。テーブルの上など、落下しやすいところに置くのは破損の危険があるので注意が必要だ。


以前ちょっと嗜んでいたサックスを処分してしまった人、これから教室などで本格的にサックスを学ぶつもりだが、続くかどうか不明で本格的楽器を買うのにためらわれる人など、この『NUVO jSAX(ジェイサックス)』が役に立つ人はたくさんいるはずだ。

 

【セット内容】
・NUVO jSAX 本体 (C調サックス)
・キャップ付きリガチャー一体型マウスピース
・NUVOリード x 2 (#1-1/2 と#2)
・カーブドシリコンベル
・カーブドネック
・Oリング グリス
・取扱説明書、運指表
・ストラップ付きセミハードケース


【カラーバリエーション】
ホワイト+ブルー, ホワイト+ピンク, ホワイト+グリーン
ブラック+ブラック, ブラック+ブルー, ブラック+ピンク,
ブラック+グリーン

※オプションで大人が演奏しやすくするストレート・キット「Straighten Your jSAX Kit」(税抜2,400円)もあり。

 

関連記事リンク(外部サイト)

『mimimamo(ミミマモ)スーパーストレッチ・ヘッドホンカバー』抗菌防臭・清潔リスニング!
「Beats Pill+(ビーツ・ピルプラス)」スタジオ級重低音クオリティと多彩機能のBluetoothスピーカー!
『ワイヤレススピーカーシステム SC-ALL05』水没しても大丈夫! お風呂でもBluetoothより高音質で楽しもう
『濃密ギリシャヨーグルト パルテノ キウイソース入』トップブランドの意地を見せつけた極上美味ぶり!
『hakuraの筆ペン』本物の筆を使っているかのように錯覚させる筆ペンを超えたスマホ/タブレット用タッチペン

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP