体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

連載旅小説「私はニューヨークなんか、興味がなかった」第4話/幸せにならなきゃ

生活・趣味

■あわせて読みたい 連載旅小説「私はニューヨークなんか、興味がなかった」
第1話/人生のレールを外れると、何が始まる?
第2話/恋人紹介業者からスカウトされる!?
第3話/人間も愛しかたも一色じゃない

私はニューヨークなんか、興味がなかった。

なのに、私は少しずつ、ニューヨークに興味を惹かれている。自分の心がむきだしになってしまう街。忘れたい過去は引き出しの奥に仕舞いこんで、なりたい自分になれる街に。

私の名前は、白雪ひとみ(しらゆきひとみ)。通称「ヒメ」。

ニューヨークでやってみたかったこと

連載小説「私はニューヨークなんか、興味がなかった」第4話

温泉旅行が趣味の私だけど、「ニューヨークへ行ったら、やってみたいこと」がひとつだけあった。

夜中に偶然見た古い映画、ワーキング・ガール。恋人に仕事に違和感を感じている主人公が、マンハッタンへの通勤にフェリーを使っていた。

野心を抱く彼女のように、オープニングに流れる曲は力強くて印象的だった。このフェリーに、乗ってみたかった。明日への希望が抱けるかもしれない。

カモメが気持ちよさそうに風にのり、夏空を舞っている。フェリーで潮風に吹かれながら、昨日の鈴子との会話を思い出していた。私がニューヨークに来るきっかけになった鈴子の言葉、『時間があるなら、すぐ来て』とは、いったい何なのか。

「私たち学生時代からの親友で、ヒメのことはよく知っているつもり。でも、“あのこと” があってから、ヒメは変わってしまった。表面は元気そうにしているけど、心の奥に鍵をかけてしまっているのを感じるの。恋人も半年以上付き合いが続かないみたいだし、仕事に熱中しているわけでもないみたい。今回仕事を辞めたと聞いて、ニューヨークの風にあたってみたらどうかなと思ったの」

鈴子のいうとおり、恋愛にも仕事にも夢中になれず、東京では毎日がただ過ぎて行くだけのような気がした。生活のために仕事に行き、自分とは関係なく季節が巡っていく。日々、同じことの繰り返し。あの日から、時が止まってしまったのだ。

■あわせて読みたい
【NY現地ルポ】無料フェリーだけじゃない、NYスタテン島の楽しみ方

幸せにならなきゃ

連載小説「私はニューヨークなんか、興味がなかった」第4話

「この前、知人のロングアイランドの別荘に呼ばれたの。ミッドタウンのウチのアパートから車で2時間くらいかしら。

ホームパーティ中に外の風にあたりたくなって出たら、お隣の家の女性が、玄関ポーチに腰を下ろして、ぼんやりと煙草を吸っているのを見かけたの。彼女の目は悲しそうで、人生を諦めているようだった。気になって、後で知人に聞いてみたの。そうしたら、彼女は9/11のテロで同居していた婚約者を失って鬱病になり、お姉さんの住むロングアイランドの家へ移り住んできたのですって。それ以来、ずっと世捨て人のような様子らしいの。

1 2 3 4次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会