ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大河ドラマ 山本耕史ら「さらりと脱ぐ男」に注目集まる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 視聴率好調が続くNHK大河ドラマ『真田丸』。家康と光成の対立などストーリーも見どころ満載だが、それ以外でもドラマを盛り上げたのが「脱ぐ」シーンを演じた山本耕史だ。大河ドラマで、にわかに注目を集めている「さらりと脱ぐ男」について、時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 大河ドラマ『真田丸』は、強烈天下人豊臣秀吉(小日向文世)亡き後の混乱期に突入。三谷脚本が得意とする、人間関係ごちゃごちゃドラマとなって目が離せない。しかし、その一方で、もう三成の水垢離(みずごり)シーンはないんだろうなあという声も聞こえる。

 思い出せば、秀吉の子鶴松が重病になった際、豊臣ゆかりの加藤清正と福島正則が回復を祈り、井戸端で水垢離を開始。白装束で肩からザブンザブンとやっていると、そこに石田三成(山本耕史)が通りかかり、「お前も」と誘われたが、一度は断る。清正は「お前を誘ったのが間違いだった」と鼻から湯気を出していたが、その後、三成は上半身裸になって、ふたりの前に現れ、頭から冷水を浴び続けたのだった。

 戦経験が乏しく、ひ弱なインドア派だと思われていた三成だが、山本耕史は結構なマッチョぶり。聞けば、このシーンのため、かなり「作ってきた」らしい。これだけではもったいないと判断されたのか、三成は秀吉危篤の際にも、再び水垢離。にわかに増えた「水垢離シーンファン」を喜ばせた。山本は意外にも「さらりと脱ぐ男」だったのである。

 大河ドラマでさらりと脱いで大反響を呼んだ俳優といえば『八重の桜』の西島秀俊を思い出す。会津の道場で稽古をするシーン。改めて見直してみると、西島の稽古相手は上半身脱いでいるわけではないので、ここはやっぱり彼の見せ場だったんですな。西島を評した“細マッチョ”は流行語にもなった。

 西島にしても山本にしても、いかにも鍛えてますというイメージではなかっただけに、お宝映像としての価値も出た。上半身マッチョシーンは、密かな大河ドラマの伝統になったのかもしれない。

 そして、もうひとり気になるのが内野聖陽。『真田丸』では、徳川家康役で腹の底がよく見えないタヌキっぷりを見せている。水垢離だのマッチョだのとはまったく無関係の俳優かと思っていたが、『刀剣乱舞』のCMでは、まったく違う顔を見せた。『刀剣乱舞』は “刀剣男士” と呼ばれる戦士へと姿を変えた、さまざまな由来を持つ刀剣を育成する人気ゲーム。内野は「あなたが新しい主…」「主の命とあれば地の果てまでも」とつぶやきながら、過酷な戦いを続ける。すさまじい殺陣である。だが、傷つき、白布にぐるぐる巻きに…。ただし、ぐるぐる巻きにされながらも、片肌を出して、タフな体のシルエットはバッチリ伝わるのである。

 内野は、大河ドラマ『風林火山』で堂々の主役を務めた実績の持ち主。『真田丸』でも、大名たちの仮想大会「瓜売り」の回では、ドラマのために増量したという太っ腹とへそを披露していたが、心の中では水垢離やってもよし!と思っていたのかもしれない。次に大河に出演する際には、ぜひザブンと。待ってます。

【関連記事】
石田三成の子孫 「石田家の男子はみんな腹が弱い『三成腹』」
武井咲 11本のCMに出演する17歳美少女のミニスカナマ脚
剛力彩芽が走る、走る! 19歳の疾走シーンを独占撮り下ろし

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP