体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本にいながら「本物の海外グルメ」を家庭で楽しむ方法 / 最強スーパーNISSINに行きましょう!

nissin5

海外旅行をすると、現地のスーパーや商店で買った食品を持ち帰る人は多いと思います。お土産にもなるし、家庭で食べることもできるし、法的に問題ないものであれば、海外の食品は最高の「持ち帰り商品」になります。高額なものの、通販で海外の食材を購入している人もいるはずです。

・あらゆるものがほとんど海外モノ
ですが「もっと気軽に買いたい」「もっと安く買いたい」と思っている人は多いはず。そんな人は、東京都の麻布十番にある海外食材スーパー「NISSIN」に行くことを強く推奨します。ここで売られているほとんどの商品は、海外のスーパーや商店で売られているもの。お菓子、香辛料、米、パン、チーズ、バター、肉、魚、冷凍食品、あらゆるものがほとんど海外モノ。

nissin8 nissin10 nissin11 nissin13 nissin12 nissin2 nissin1

・珍しい野菜も販売
さらにヨーロッパ、北米、南米、アフリカ、アラブ、そしてアジア各国の食材がガッツリ売られています。日本のスーパーではなかなか手に入らない珍しい野菜も販売。ここで手に入らない食材はほとんどありません。ここに行けば、すぐに多国籍料理の店を開くことも可能でしょう。

・ボルディエバターも販売
ここで特におすすめの商品がバターや肉です。特にバターはフランスや北欧などのブランド商品が多数売られており、美味しいと評判のボルディエバターも販売されています。通販よりも高い場合もありますが、すぐに手に入るので便利です。金額等は調べてから買いましょう。

nissin14 nissin4
1 2次のページ
Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。