体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

伝説の教師あらわる!エンジニア予備校へようこそ!【エンジニア予備校 #0】 #engineer_moshi

より自由な働き方を求めるエンジニアに対し、日夜スパルタ教育が行われている「エンジニア予備校」。
塾長(予備”校”なのに)とひょんなことから出会った若手エンジニアのカケルとタエコは、その熱きエンジニア魂にふれて…!?

登場人物

塾長

昔、多くの部下をデスマーチで失ってしまったことから、しっかりとエンジニアの価値を世に伝えるため熱血指導を志す。

高堂カケル(コードカケル)

高専で情報処理を専攻し、都内のソフトウェア会社にインターン中。流行の技術を追うのが大好き。Rebuildにいつか出ることが夢。

二徹タエコ(ニテツタエコ)

大学を卒業し、たまたま受かったIT企業に就職。なんとなくやってきたが、これでよいのか悩んでいる。責任感が強く、残業を任されることが多い入社5年目。

#0 「エンジニア予備校へようこそ!」

ここはプログラミングの予備校だ!スパルタ教育でもってして、キサマらを最強のエンジニアに鍛え上げる。 (せっかく研修でゆっくりできると思ったのに、随分と大変なところに来てしまったわ) まず喜べ!ここでは寝るときと食べるとき以外、24時間コードを書いてもらうこととなる。大好きなプログラムをずっと書いていられるんだ。こんな天国はないな! 最高じゃん!オレはメシ食っている時も書いているぜ(ゲームもやっているけど)


ブラックでもいいから、元の職場に帰りたい……。


おい、お前!なんでここに来ることになったか分かるか?

1 2 3 4 5 6次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。