体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソニックガーデンはなぜリモートワークを成功させたのか──離れても仕事がうまくいく4つの秘訣 #engineer_moshi

社員の半数が地方在住のリモートワーカー。打合わせはビデオ会議で

ソニックガーデンはこの春、渋谷から自由が丘に本社オフィスを移転した。
部屋がいくつもある広々とした住居用マンションで、以前は外資系企業の幹部家族が住んでいたという。

現在、社員数は24名と聞いたが、この日出社していたのは6~7人ほど。入社早々の新人はオフィスへの出社が義務づけられているものの、それ以外はオフィスに来てもいいし、自宅で仕事をしてもOK、旅先でプログラムを書いてもよい。

コアタイムのない完全なフレックスかつリモートワークを実践して、早6年になる。

東京以外の地方で在宅勤務をするエンジニアも12名いる。広島、長野、富山、兵庫、岡山、浜松など全国に点在。以前はアイルランドを拠点にヨーロッパを旅しながら仕事を続ける社員もいた。

▲4部屋ある中の1室。打ち合わせやオンライン会議などに使われる ▲バースペースのある部屋。仕事の後にホームパーティー的な宴会をすることもあるのだとか。 ▲外国人向けに作られたマンションなので間取りも広く、お風呂やキッチンも完備。

社長の倉貫義人氏自身が、大宮在住で今日は取材があるので久しぶりの本社出社だ。

「案件ごとの受注ではなく、月額定額制の顧問契約という形で、企業の新規事業のシステム開発を中心に、システム企画立案からRuby on railsによるWebサービス開発、スマートフォン・アプリ開発まで幅広く業務を請け負っています。
一人のエンジニアが顧客企業を複数担当しながら、足りない部分はチームワークで補い合うというスタイル。東京の顧客を地方に住むエンジニアがリードで担当するのは、当社では当たり前のことです」

▲株式会社ソニックガーデン 代表取締役社長 CEO Founder 倉貫 義人氏

その場合、顧客との顔合わせや、進捗報告の定例会などはどうしているかといえば、ほとんどがWeb上のビデオ会議を使う。

「ビデオ会議の画面越しで顔合わせはしているし、メールやチャットなどでコミュニケーションも頻繁にとっている。業務を委託しても数カ月に一度ぐらいしか顔合わせしないのより、顧客とはずっと密に付き合っていると思います。画面越しでは嫌だ、どうしてもエンジニアに直に触れないと仕事が頼めないというクライアントはいないですね(笑)」と、倉貫氏は言う。

「いまどきメールや電話でのコミュニケーションに慣れないという人がいないように、ビデオ会議も結局は慣れ。リアルに会っていないからといって、システム開発の品質や効率が落ちることはありえません」

「論理出社」と「物理出社」──Remottyこそが僕らのワークプレイス

社員の半数以上が在宅勤務を選択しているから、社内のコミュニケーションも、基本はビデオ会議やチャット、掲示板機能などがついた独自開発のWebシステム「Remotty(リモティ)」で行う。

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。