体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

博多名物・辛子明太子。何がうまいって、皮がうまい!

f:id:mesitsu_lb:20160817115210j:plain

ツウ好み、市場の海産物店の手作り明太子

博多名物・辛子明太子。

福岡人のご多聞に漏れず、僕もコレでご飯を食うのが大好きだ。

しかし、結構な大人になるまでは明太子の中身の粒だけをほじくり出して、ちょっと気持ちが悪い皮は食べずに残していた。

それはそれで子どもにはありがちのことなんじゃないかと思うんだけど、ある頃からこのねっとりして味の濃い皮をいっしょに食べるからうまいんだということに気がついた。そうなると、粒だけでは全然もの足らない。以来、皮を残すなんてことはしなくなった。

そういう訳で博多名物・辛子明太子。

博多では専門店だけでなく、料亭だったり市場の海産物店だったりが味や作り方を工夫して、それぞれ自慢の明太子を出している。JRと西鉄の駅が近い香椎商店街の「中島商店」も、そんな一軒。

f:id:mesitsu_lb:20160817115054j:plain

▲香椎駅前の商店街にある海産物店「中島商店」店長の中島賢二さん

一般に原料のタラコ(スケソウダラの卵)は90%以上が輸入されているという今でも国産にこだわり、北海道産の完熟卵を使用。日本酒ベースの出汁に漬け込んで熟成させており、粒がプチプチはっきりしていて、深いうま味にも関わらず後口がさっぱりしているのが特徴だ。辛さはほどよい中辛程度といった具合で、唐辛子を山ほどまぶした驚くほど辛いものを作っていないのも個人的には好印象なのだ。

f:id:mesitsu_lb:20160817115151j:plain

二つある冷蔵ケースの一つは明太子と関連商品がズラリ。

f:id:mesitsu_lb:20160817115210j:plain

家庭用にはお得な切れ子「和(なごみ/165g 1,080円)」がおすすめ。切れ子といえど、形がきれいに整えられていて使いやすい。

f:id:mesitsu_lb:20160817115238j:plain

粒がプチプチでご飯が進む!

「もったいない」から生まれた「いわし明太子」

そんな「中島商店」が自慢の明太子を使って「もったいない精神」で作ったオリジナルの明太子商品が二つある。一つは1985年に誕生した「いわし明太子」。皮が破れたり見かけが悪かったりする明太子を「せっかく国産の原料で作った明太子を廃棄するのはもったいない!」と、中の粒を取り出してイワシの腹に詰めたものだ。香ばしい焼き明太子と脂の乗ったイワシの組合せが、ご飯にもお酒にも合うと大ヒット。屋台や居酒屋でも今や定番のメニューなのだ。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会