ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

文字を誤解釈したポップな新作ロゴに注目! 天久聖一×よシまるシン「ロゴゴ展」開催中

DATE:
  • ガジェット通信を≫


© Masakazu Amahisa, YOSHIMARUSHIN

天久聖一とよシまるシンによる展覧会『ロゴゴ展』が、神田・TETOKAで開催中。

電気グルーヴのミュージックビデオや、舞台作演出を手掛ける漫画家、天久聖一と、『バクマン。』のエンドロールコミックデザインをはじめデザイン、イラスト、映像などの分野で活躍するよシまるシン。
20年来の付き合いである2人は、これまでに「電気グルーヴ20周年のうた」のPVや、同グループ25周年記念ツアー『塗糞祭』のロゴなどを共作。共に「ロゴ」や「文字」に関心を持ち、2010年から続けている企画『ロゴドリル』では、世間に溢れる言葉と架空の造語をロゴとしてデザインし、発表している。

ユニットとしては初の展覧会となる本展では、「象形文字の誤解釈」をテーマに、漢字をモチーフにした新作のロゴ作品を紹介する。
「象形文字の誤解釈」をテーマにデザインされた作品は、意味を象徴化したり、抽象化するというロゴの特性を逆手に取り、あえて語源とは違うイメージが落とし込まれ、シュールでポップなロゴには、オシャレとダサさ、オリジナルと偽物など対立する要素が表現されている。

天久聖一×よシまるシン『ロゴゴ展』
2016年8月28日(日)まで
会場:東京都 神田 TETOKA
時間:16:00~23:00
休廊日:水曜
料金:無料(ドリンク別)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP