ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

恋愛のリスクヘッジが出来るかも!? 『負け美女』ブログが面白い!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
111110inuyama.jpg

最近、小さな”引き寄せの法則”が立て続けに起こっている私。
例えば、「ああ、モンブランを食べたいな」とちらっと思っただけで(ツイッターやFacebookにつぶやいたわけでもなく、誰かにその思いを伝えたわけでもなく)、その日から3日続けてモンブランの差し入れをいただいたり。
ここ数ヶ月連絡をとっていないNYの友人のことをふと思い出したら、その数分後に彼女からメールが届いたり。
で、直近ではどうやら『負け美女』というワードを引き寄せているようなんです、私。
まず、お仕事でご一緒しているデザイナーさんから「面白いブログがあるよ」と教えてもらったのが、最初。
そのブログがこちらの『犬山紙子のイラストエッセイ 負け美女/ウェブリブログ』。
 
こちらは、犬山紙子さんという恐ろしいほど麗しい美女が、イラストや漫画、写真でエッセイ風なブログを展開しているサイトです。
「人の恋愛を根掘り葉掘り聞いてゲスく(原文ママ)ご紹介。そのほか、過去にあった変な話や人、最近のおもしろかったことなんかを描いております」と、タイトル通りに「負け美女」をテーマにしてあり、これがめっちゃ面白いんです。 
普通、犬山さんやブログ内に登場するような「迷う事なく誰もが”美女”とカテゴライズする」系の美人さんは、存在するだけで周囲を幸せにし、そして生涯にわたりチヤホヤされ生きて行くんだ……と思っていませんでしたか? 少なからず私はそう思ってました(なにせ美女界にいないんでわからん)。
でも、どうやらそのルックスが”仇”となることが多々あるようで、それが爆笑の筆力で書かれているんですよ。周囲でもたまにいません? めちゃくちゃ美人なのに、なかなか恋人ができない女性とかダメ男ばかりにひっかかる人とか。
美女ゆえに引き寄せる災難、そしてオモロ悲しい恋愛話。だからこそ『負け美女』というタイトルなんです。
しかし……。美女たちでさえ負けているのに、そもそも同じ土俵で戦ってない私は、いったい今までなにをしていたのかと。なにをぼんやり生きてきたんだ、と。ぼんやりしているうちに、”美女”でないと負けることもできない世の中になってるではないか、と(笑)。
せめて負け美女たちの土俵のマス席あたりにいれば、彼女たちが取りこぼしたものが拾えたかもしれないのに!
ということで、これからは美女相撲のマス席を陣取り、虎視眈々と生きることにしましたわ。
このブログは、書籍『負け美女 ルックスが仇になる』(マガジンハウス)としてこの秋刊行もされています。
最近では、犬山さんのこんなブログで爆笑。
犬山さんの周囲では恋愛シミュレーションゲームが流行っているらしく、彼女自身も「文豪の恋愛シミュレーションゲームってのがあればやってみたい」とのことなんですが、

「で、1番のバッドエンドが、
石川啄木にヒモになられたあげく
『働けど働けどわが暮らし楽にならず』
的な超腹立つ句を読まれる
こと」

と、妄想の時点ですでにゲームオーバーされていました。確かに、腹立つわ~。
太宰治好きの私は、太宰をバーチャル彼として選び、なんかある度に川へと連れていかれ、”入水”というバッドエンドを迎えそうだな……。犬山さん、ぜひこの文豪ゲームの開発を!
犬山紙子のイラストエッセイ 負け美女/ウェブリブログ
(福島はるみ)


(マイスピ)記事関連リンク
タイ発! 自分の生まれ曜日ごとにある仏様のかわいいお守り「曜日仏」
Twitter、Facebookに書いた言葉から自分だけのオリジナルソングが生まれる『Sound Premium』
美魔女な管理栄養士さんが教える「幸せホルモンが出る食べ方」って?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。