体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お台場に「未来の家」を見に行こう!

7月30日から、デザイナー・原研哉氏がディレクターを務める展示「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」が開催されています。

企業と建築家・クリエイターが協同して具現化した未来の家を、今からでも体験してみては?

これからの暮らしを考える
「未来の家」

お台場に「未来の家」を見に行こう!

『吉野杉の家』

お台場に「未来の家」を見に行こう!

『吉野杉の家』

The Yoshino Cedar House is the first project from our new multi-disciplinary design studio: Samara. Debuted at #HouseVision, an exhibition in Toyko curated by Japanese designer Kenya Hara, the house is a concept that merges a rural community with an Airbnb. Our work intends to nurture new seeds in service to our community. Click the link in our bio to learn more of what’s to come. Photo cred: @kaleidoscopper

Airbnbさん(@airbnb)が投稿した写真 – 2016 8月 3 4:14午後 PDT

その一例が、上の画像に写っている『吉野杉の家』です。Airbnbと長谷川豪氏によってデザインされたもので、奈良県吉野の林業従事者が伐採した吉野杉を用いて、吉野町の大工さんたちの手で家を建てており、地元で代々受け継がれてきた知識と文化を大切にした造りになっています。

1階部分は町の人々に開放されたコミュニティスペースです。家の中心には縦長のダイニングテーブル。たとえば子育て中のお母さんが集まって、子どもを遊ばせながらおしゃべりに興じたり、散歩中のお年寄りが立ち寄ってお茶を飲んだり、自由に利用できます。2階は宿泊部屋に。

展示終了後は、吉野町の川沿いへと移設され、宿泊が可能になります。コミュニティがホストとなることで、地域との新しい関係が生まれ、宿泊者も吉野の未来に影響する仕組みに。

見逃せない「家」がズラリ。

お台場に「未来の家」を見に行こう!

会場構成を担当しているのは隈研吾氏。中に入ると、蔦屋書店や住友林業緑化×そら植物園によるオリーブの木が。そのほか出展リストは下記のとおり。

ヤマトホールディングス×柴田文江
Airbnb×長谷川豪
パナソニック×永山祐子
無印良品×アトリエ・ワン
三越伊勢丹×谷尻誠・吉田愛
大東建託×藤本壮介
LIXIL×坂 茂
住友林業×西畠清順×隅研吾
凸版印刷×日本デザインセンター原デザイン研究所
TOTO+YKK AP×五十嵐淳/藤森泰司
TOYOTA×隈研吾
カルチュア・コンビニエンス・クラブ×原デザイン研究所×中島伸也
※本展示ナンバリング順

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。