ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

エレベーターのボタンをキャンセルするコマンド

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

エレベーターで、目的の階のボタンを押し間違えたことは誰しもあるでしょう。ムダにエレベーターが止まってしまい、同乗者が多いとその気まずさもハンパありません。そこで役立つのが、行き先ボタンのキャンセル。メーカー別のエレベーターのボタンをキャンセルするコマンドを紹介します。

エレベーターのボタンを2度押し

基本的にエレベーターのボタンのキャンセルするコマンドは、押し間違えた階数ボタンの「2度押し」が基本。ただし、メーカーや型番によっては微妙な違いや対応していないこともあります。

1990年以降に作られたエレベーターには、行き先キャンセル機能が省エネ目的で備わっていることが多いようです。さっそく、メーカー別にエレベーターのボタンをキャンセルするコマンド見ていきましょう。

東芝エレベータは、キャンセルしたい階数ボタンを2度押しするか3度押し。もしくは、キャンセルしたい階数ボタンを押して、点滅中に再度押すという場合もあります。

エレベーターのボタンを長押し

パナソニック電工(旧松下電工)は、キャンセルしたい階数ボタンを2度押しするのが基本。ただし、この2度押しコマンドはエレベーターのドアがオープンしている時のみ有効の場合もあります。

日本オーチスは、扉が開いている時に「開」ボタンを押したままキャンセルしたい階数ボタンを押すという方法。日立ビルシステムはキャンセルしたい階数ボタンを長押しします。

フジテックは、キャンセルしたい階数ボタンを2度押しするか5連打するかです。三菱電機はキャンセルしたい階数ボタンを2度押しするか、キャンセルしたい階数ボタンを長押しします。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
ココスのクーポンでドリンクバーを無料にする

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。