ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【独占情報】ボールド・フィルムズとロバート・ロドリゲス、ホラー映画『Blood(原題)』を進行中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ボールド・フィルムズがロバート・ロドリゲスとテキサスを舞台とするホラー映画『Blood(原題)』の製作を進めていることが分かった。

ボールド・フィルムズは出資も行う。監督やキャストはまだ決まっていない。

プロデューサー陣は、映画『ジェイコブス・ラダー』のリメイク版や、映画『ペット・セメタリー』の脚本のリライト、映画『ミッドナイト・ミート・トレイン』などで知られる脚本家のジェフ・ブーラーに脚本を依頼。脚本の草稿は、ミシャ・グリーン(映画『Sunflower(原題)』など)が執筆していた。

ミシェル・リトヴァクとゲイリー・マイケル・ウォルターズがプロデュースを務め、リサ・ザンブリがエグゼクティブ・プロデューサーを務める。

ストーリーでは、婚約したばかりで、結婚する前に実の家族を探すことを決心した女性の姿が描かれる。彼女は森の奥深くで普通ではない親族と出会う。そして、親族が暗い過去の秘密を隠していると確信するような、抑圧された記憶をよみがえらせていく。

ロドリゲス監督は、1992年に公開された映画『エル・マリアッチ』や映画『デスペラード』、映画『フロム・ダスク・ティル・ドーン』3部作、映画『シン・シティ』2部作、映画『マチェーテ』2部作、そして映画『スパイキッズ』4部作など、20年以上にわたり、監督、脚本家、プロデューサーとして活躍してきた。また、ジェームズ・キャメロンとジョン・ランドーが製作する映画『Alita: Battle Angel(原題)』でも監督を務めることになっている。

ボールド・フィルムズは、映画『セッション』、映画『ナイトクローラー』、映画『ドライヴ』、映画『The Neon Demon(原題)』、そしてこれから公開される、ジェイク・ギレンホール主演でボストンマラソンの爆破テロを描いた映画『Stronger(原題)』を製作してきた。

ブーラーは、WME、ゴッサム・グループ、モリス・ヨーンと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP