ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BOYFRIENDヨンミン「肩」「胸」などパーツから日本語習得

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年1月の初演で、韓国人気アイドルグループ・MYNAME(マイネーム)のセヨン(24)と、現在入隊中の超新星・グァンス(29)のダブルキャストで話題となった舞台『Honganji』。早くも再演が決まり、今回は新たにBOYFRIENDのヨンミン(21)がキャスティングされ、K-POPファンの熱い視線が集まっている。

 そんなK-POP界きっての美形2人を本誌はいち早くキャッチ。現在、稽古真っ最中の、クールなツーショットをどうぞ!

「おはようございます!“BOYFRIEND”のセヨンです!(笑い)」とジョークを飛ばしながら、元気に稽古場に入ってきたセヨン。すかさずヨンミンも「“MYNAME”のヨンミンです!」と軽やかにかわす余裕。実はこの2人、意外にも10年来のつきあいだという。

セヨン:以前同じ事務所の練習生をしていて、最初に会ったのはヨンミンが小学6年生のとき。背がぼくの腰くらいだったのに、大人になって会ったらぼくよりでかくなってて、びっくりしてうらやましいなって思いました(笑い)。

ヨンミン:今回、韓国人はぼくたち2人だけだし、セヨンさんは頼りになるいい先輩です。日本語のセリフや殺陣が心配だけど、いっぱい聞こうと思ってます。今は稽古で必要な、『肩』とか『胸』とか、体のパーツの日本語をまず覚えています。

セヨン:ぼくが知ってるヨンミンなら、今回の舞台も問題なくできると思うよ。初演の時はグァンス先輩がぼくをたくさん助けてくれたから、ぼくもヨンミンをちゃんと助けます。

--入隊中のグァンスさんから、メッセージはありましたか。

セヨン:グァンス先輩は、言葉はクールでも、心が温かい人なんです。『今回も頑張って』って言われました。会いたいですね。

 MYNAMEではやんちゃキャラのセヨンが、なにかとヨンミンを気遣う姿は微笑ましく、ヨンミンは日本語が見違えるほど上手になり、セヨンの期待に応えようと頑張っている。こんな素敵な間柄の2人が、舞台では激しく敵対するというのだからそのギャップに期待大です!

【SE YONG(セヨン)】
1991年11月20日生まれ。釜山(プサン)市出身。身長177cm、O型。5人組ダンス・ヴォーカルグループ『MYNAME』でラップ・ダンスを担当。140人が参加した韓国のアイドルダンス大会で優勝(2014年)。

【YoungMin(ヨンミン)】
1995年4月24日生まれ。ソウル市出身。身長180cm、A型。6人組ダンス・ヴォーカルグループ『BOYFRIENDボーイフレンド』でボーカルを担当。同グループのクァンミンとは双子で、ヨンミンが兄。

【舞台 『Honganji-リターンズ-』】
ダークヒーロー織田信長(陣内孝則)と、宿敵・本願寺顕如(壮一帆)との対立を中心に、戦国時代の人間模様を描く。セヨンは本願寺顕如を守る下間仲世役、ヨンミンは冷徹で最強の鉄砲部隊員・橋本雷役を演じる。

■公演日時:8月21~27日(全10回公演)/会場:明治座(東京都中央区)/出演:陣内孝則、壮一帆、諸星和己、市川九團次、セヨン、ヨンミンほか 問Honganji 舞台製作委員会/公式サイト http:// www.stars-honganji.jp

※女性セブン2016年9月1日号

【関連記事】
「超新星」のユナク「撮影に向けSK-IIでお手入れ中」と告白
兵役カウントダウンとなる1986年~1989年生まれの韓流スター名簿
東方神起 スギちゃんのモノマネを披露し東京ドームは大爆笑

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP