ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

使わないベビーチェアはどうする?人気モデルと高価買取のコツ

  • ガジェット通信を≫

赤ちゃんの成長期には何かと役に立ったベビーチェアも、成長にともなって不要になることがありますよね。そんなときは粗大ごみで捨ててしまうのではなく、ベビーチェアを中古でも安く買いたいという人に回してあげましょう。

ベビーチェアは頑丈にできていますので、リサイクル向きの商品です。少しでも高く買取をしてもらって、環境にも財布にも優しいリサイクルを目指しましょう。

ベビーチェアにはどんな種類があるの?


photo by Marie-Claire Camp

ベビーチェアを購入したときに何気なく選んだ人や、プレゼントしてもらった物を使っている人も多いかと思います。そんなベビーチェアですが、実はいくつかの種類があります。

ここではベビーチェアの種類とその特徴について紹介します。

ハイチェアスタイルのベビーチェア

家族での食事にダイニングテーブルを使用している家庭に最適なベビーチェアが、ハイチェアスタイルのベビーチェアになります。

赤ちゃんと同じ目線で食事をすることが出来ますので、家族団らんの時間がさらに楽しくなるベビーチェアです。

ローチェアスタイルのベビーチェア

ローチェアスタイルのベビーチェアは、家族での食事をローテーブルで行っている家庭に最適なベビーチェアです。最近はダイニングテーブルを使わない家庭が多いため、ローチェアスタイルのベビーチェアの注目度が高まっています。

赤ちゃんがテーブルから物を落としても床面まで近いため、大きな音もせず安全というメリットもあります。

テーブルチェアスタイルのベビーチェア

テーブルチェアスタイルのベビーチェアは、その名の通り、テーブルに取付けるタイプのベビーチェアです。どんなテーブルにも合わせることができるのが特徴です。

赤ちゃんが少し大きくなると不自由さから嫌がりますが、持ち運びも簡単ですので、赤ちゃんがまだ小さいうちは、テーブルチェアスタイルを利用する人も少なくありません。

床置きスタイルのベビーチェア

最近よく見かけるのが床置きスタイルのベビーチェアです。赤ちゃんの首がすわったら、お座りの練習用も兼ねて使っているケースが多いようです。

食事のとき以外にも使える「自分だけの椅子」ですので、赤ちゃんも喜んで座ってくれるベビーチェアになります。

高価買取が期待できるベビーチェア


photo by Eric Lewis

ここではベビーチェアの中でも特に人気の高い、高価買取を期待できるベビーチェアを紹介します。

ストッケ トリップトラップ

買取価格:1000〜5000円
ハイチェアスタイルのベビーチェアの中でも1,2を争う人気商品がストッケのトリップトラップです。木の温もりがあり、シンプルなデザインと使い勝手の良さから、ベビーチェアはストッケのトリップトラップと決めているお母さんも多いようです。

バンボ ベビーソファ

買取価格:1000〜3000円
まだ1人では上手にお座りできない赤ちゃんが、無理なく座れる床置きスタイルのベビーチェアとして人気があるのがバンボのベビーチェアになります。安定感があり動きの激しい赤ちゃんでも、決して倒れることはない安全性の高さが人気の理由です。

カトージ 木製ワイドハイチェア

買取価格:1000〜5000円
7ヶ月から5歳まで使えるカトージの木製ワイドハイチェアはコストパフォーマンスにすぐれたベビーチェアとして人気が高い商品です。ただし、長期間使用していますので、4年以上使用して使用感が出すぎてしまうと、買取価格が下がりやすい商品でもあります。

イングリッシーナファスト テーブルチェア

買取価格:1000〜3000円
イングリッシーナファストのテーブルチェアは、テーブルに取付けるスタイルのベビーチェアになります。5ヶ月から3歳位まで使用できるのですが、3歳にもなると子どもは自由に動きまわりたいですから、子どもがテーブルチェアを嫌がって手放すことになるケースが多いベビーチェアです。

ベビーチェアを高価買取りしてもらうポイント


photo by Honza Soukup

ニーズの高いベビーチェアですが、どんなベビーチェアでも高値で買取してもらえるわけではありません。ベビーチェアを高値で買取してもらうためにはそれなりのポイントを抑えておく必要があります。

ここではベビーチェアを少しでも高く買取してもらうためのポイントを紹介します。

汚れやシールの後などはきれいに取り除いておく

ベビーチェアの買取価格はその使用感によって決まります。くたびれたベビーチェアよりも新品のベビーチェアのほうが再販するときに売りやすいためです。もちろん買取店では買取後にメンテナンスを行いますが、それでも買取時に汚れている場合は印象が悪くなります。

しかも査定時には汚れやシール跡などを消せるという確証が持てないこともあり、その場合は取れない汚れとして扱われますので、買取査定時にはマイナス評価になります。

そうならないためにも自分で落とすことが出来る汚れは、必ず自分で落としてから買取査定をしてもらいましょう。

ベビー用品の専門店で買取してもらう

ベビーチェアは大型のリサイクルショップなどでも買取してもらえますが、買取価格としてはやや低めの査定額になる傾向があります。

それよりもベビー用品をメインに取り扱っている買取店のほうが、目的が明確なお客さんが集まるため、すぐに売れることが期待でき買取価格も高くなります。少しでも高く買取してもらいたい場合は、ベビー用品の専門店で買取してもらいましょう。

複数の買取店で査定してもらう

ベビー用品の専門店で査定してもらっても、買取店によって買取価格に開きが出ます。同じベビーチェアであっても、あるお店では1000円での買取になったとしても、別の買取店では3000円の値がつくことも珍しくありません。

1円でも高くベビーチェアを買取してもらうには、複数の買取店で査定をしてもらい、最も高い評価をしてくれた買取店で買取してもらいましょう。手間と時間がかかりますので、あまり手を広げすぎず、3〜4店舗程度に依頼するようにしましょう。

まとめ

ベビーチェアは中古市場でもとてもニーズの高い商品の一つになります。使用年数が2〜3年程度ですので、わざわざ新品を買うまでもないと考えている人が少なくないためです。

とはいえ、元値がそれほど高いものではありませんし、プレミアムがつくタイプの商品でもありません。そのため高値で買取してもらうには、その状態の良さが問われます。高値で買取してもらうためにも、できるだけきれいな状態に掃除して、買取査定をしてもらいましょう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP