ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Quinnyのベビーカーは待っている人へバトンタッチ!買取方法まとめ

  • ガジェット通信を≫

こどもの成長は早いものです。洋服はアッという間に着られなくなり、靴もすぐ小さくなる。ベビーカーもしばらく使っていなかったらあれ?もう窮屈そう。そんな数あるベビーカーの中でもQuinny(クイニー)のベビーカーは優秀ですよね。タイプによっては新生児から3歳くらいまで使えるのですから。とはいえ、こどもが成長してもう使わないQuinnyのベビーカーがあれば即、買取してもらいましょう。Quinnyのベビーカー買取方法を公開します。

Quinnyとは


オランダ生まれのスタイリッシュなベビーカー

Quinny(クイニー)のベビーカーはオランダのメーカー「ドレルインダストリーズ社」が作っています。スタイリッシュなデザインの三輪バギーが特徴です。ドレルインダストリーズ社は、1962年の設立以来、こども用品と自転車、家具などを製造しており、従業員は4万6000人余りいるグローバル企業です。
Quinnyのベビーカーは「ZAPP」が2005年に世界デビューしました。スタイリッシュなフォルムと斬新な機能性で発売当時話題になりましたね。このザップこそ、日本でのインポートベビーカーの草分け的存在と言えます。

選べる5タイプのベビーカー

Quinnyのベビーカーはご存知「ZAPP(ザップ)」、「BUZZ(バズ)」「ZAPPEXtra(ザップエクストラ)」、「Yezz(ジャズ)」「moodd(ムード)」の5タイプがあります。オプションで専用のベビーシート「マキシコシ」を購入すれば新生児からも使えます*Yezzは除く。4年前に発売された「QuinnyYezz」はコンパクトベビーカーのためです。

Quinnyベビーカー買取価格紹介

出典:quinny

人気機種のムードは高価買取が期待できる

Quinnyのベビーカーの特徴はなんといってもそのスタイリッシュなデザインと色も鮮やかな三輪車。初めてQuinnyのベビーカーを見た新米ママたちは「オシャレ!」と感嘆したはず。大型タイプのベビーカーで安定感が抜群のムードや、日本ではB型ベビーカーに相当するコンパクトタイプのジャズが人気があるので当然、買取相場も高いようですよ。

買取参考例

Quinny Moodd(クイニームード)/Blue Base買取価格例:4万4415円
Quinny Moodd(クイニームード)/TOFFEE CRUSH買取価格例:4万4415円
Quinny Moodd(クイニームード)/Stroller WITHPrezi(Black)買取価格例:7万9635円
Quinny Moodd(クイニームード)Stroller Travel system with diaper bag and carseat-Black Devotion買取価格例:16万1825円
Quinny Yezz(クイニージャズ)Stroller-Blue Loop買取価格例:5万2317円
Quinny Yezz(クイニージャズ)Stroller-Seat Cover-Red Signal買取価格例:1万1405円
Quinny Yezz(クイニージャズ)Stroller-Grey Road買取価格例:11万4300円
Quinny Yezz(クイニージャズ)Seat Cover,Blue Loop買取価格例:9211円
QuinnyBUZZ(クイニーバズ)Xtra Stroller With MicoMax30 CarSeat(Gray)買取価格例:15万5998円
Quinny ZAPPXtra(クイニーザップエクストラ)FoldingSeatStroller-Natural Mavis Withdiaper bag買取価格例:4万6365円
*2016/8/7現在

Quinnyベビーカー買取について疑問など


宅配買取か出張買取どちらがお得?

Quinnyのベビーカーを売るときに「宅配で出すか、それとも出張買取の方がお得?」と考えたことありませんか。基本的には、宅配買取も出張買取も買取価格に変わりがないというのが原則です。ちょっと心配なら事前に査定をしておき、金額が確定したら宅配か出張買取を選べば安心ですね。

身分証明者はなぜ必要?

個人情報が厳しい昨今、身分証明書の提示や、宅配買取だと身分証明書のコピーを出すのはなんとなく腑に落ちない、なぜ必要なの?と思ったことありませんか。実はこれは「法律で決まっていること」なのです。「古物営業法」という法律に基づいて行われており、盗難品の売買を防ぐためにも大事なことなのです。

Quinnyのベビーカーを高く売るコツ


付属品をそろえる

ベビーカーを購入した時についてきた付属品、特にQuinnyのベビーカーの場合はギャランティーカードが必要です。他にも取り扱い説明書、付属部品、などもあれば提出してください。梱包用の箱やビニールなどが残っていればなお良いですよ。ギャランティーカードを紛失すると買取の査定はかなり低くなってしまう可能性があります。

キレイに掃除をする

ベビーカーは消耗しやすい上に、どうしても汚れやすい製品です。お菓子の食べこぼし、ミルクやお茶のシミ、また、タイヤ周辺部の泥汚れなどをそのまま査定に出すと、買取業者は掃除に時間がかかると判断して査定額を低くします。掃除が面倒だからと決して汚れたままで査定に出すのは控えて下さいね。簡単に取り外して洗えるものは洗いましょう。その際は、取り扱い説明書に従って下さい。

使わないならすぐに売る

Quinnyのベビーカーを使っていないのならば、すぐに売りましょう。新しくてまだそんなに使っていない、購入当時に近くて状態がよいならば、高く買取をしてもらえるのはもはや常識ですね。

買取店、業者を比較検討してから売る

Quinnyのベビーカーを高価買取してもらうコツは、複数の買取店や業者に査定してもらうことです。あらかじめ相場をネットでチェックしておけば、買取業者に買い叩かれるリスクを防げます。できれば、3社以上で比較検討してみると良いですよ。

Quinnyベビーカーおすすめ買取店

マザーズマーケット

出典:マザーズマーケット
特徴
・ベビーカー、チャイルドシート、ハイローチェアの買取専門店
・買取は全国対応
・梱包用セットは無料

「マザーズマーケット」ベビー用品のリユース買取専門店。ベビーカーの他、チャイルドシート、ハイローチェアの買取を行なっています。Quinnyのベビーカーを売りがてら、他のもう使わないチャイルドシートがあれば買取も検討してみては。ベビーカーは専用の梱包用セットで宅配買取してくれます。手数料などすべて無料ですよ。

まとめ

ベビーカーは消耗品でありながら、赤ちゃんを運ぶという大事な使命を担っています。安全性が高くてベビーカーが頑丈であることは必須ですね。Quinnyのベビーカーは丈夫で頑丈な上に、赤ちゃんや幼児を安全に快適に運ぶことを念頭に置いています。

それはメーカーであるドレルインダストリーズ社が創業以来、最新技術を駆使して安全性、高品質、トレンドにおいて業界をリードしていることからも明らかです。しかもそのスタイリッシュなデザインはママが赤ちゃんと楽しくお出かけできるように、またそれによって家族がいつも一緒にいられるようにという願いも込められているのです。

Quinnyのベビーカーは本当に優秀です。持っていて、もう使わない人は次の待っているママのためにも早めに売ってあげて下さいね。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP