ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヴェンダース監督映画『誰のせいでもない』日本公開決定! J・フランコ/C・ゲンズブールらの場面写真公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ヴィム・ヴェンダース監督映画『誰のせいでもない』(原題:Every Thing Will Be Fine)が、2016年11月12日より全国順次公開される。

映画『誰のせいでもない』劇中カット

 物語の舞台は、真っ白な雪に包まれたカナダ・ケベック州モントリオール郊外。誰のせいでもない一つの事故が、一人の男と三人の女の人生を変えてしまう、サスペンスフルなヒューマンドラマとなっている。出演は、ジェームズ・フランコ、シャルロット・ゲンズブール、レイチェル・マクアダムスら実力派キャストたち。スタッフには、ヴェンダースが発見した若き脚本家ビョルン・オラフ・ヨハンセンと、ギャスパー・ノエ作品や『スプリング・ブレイカーズ』(12)で知られる撮影のブノワ・デビエ、いま世界で最も人気の高い映画音楽家であるアレクサンドル・デスプラらが集結し、当代一流のコラボレーションでヴェンダースの新しい世界を創造した。

 なお、映画『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』(11)で、驚くべき3D映像を生み出したヴェンダースだが、今作もまた2Dに加え3D上映があり、「人物の心の深い奥こそ3Dで語るにふさわしい」とヴェンダースは発言。3Dを観る人には、3Dの新しい可能性も感じられるだろう。

◎映画『誰のせいでもない』
2016年11月12日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー
監督:ヴィム・ヴェンダース
脚本:ビョルン・オラフ・ヨハンセン
撮影:ブノワ・デビエ
音楽:アレクサンドル・デスプラ
出演:ジェームズ・フランコ、シャルロット・ゲンズブール、レイチェル・マクアダムス、マリ=ジョゼ・クローズ
2015 年/ドイツ・カナダ・フランス・スウェーデン・ノルウェー/118min/原題:Every Thing Will Be Fine
配給:トランスフォーマー
(C) 2015 NEUE ROAD MOVIES MONTAUK PRODUCTIONS CANADA BAC FILMS PRODUCTION GOTA FILM MER FILM ALL RIGHTS RESERVED.
<STORY>
カナダのケベック州モントリオール郊外。作家のトーマスは恋人サラと暮らしているが、仕事がうまくいかずその関係はぎこちない。ある大雪の日、車を走らせていたトーマスは、目の前に飛び出してきた何かに驚き急ブレーキをかける。そこには車の前で虚ろに座り込んでいる幼い少年がいた。幸い怪我もなくほっとしたトーマスが彼を家まで送ると、母ケイトは息子の姿を見て半狂乱になる……。トーマス、恋人のサラ、編集者のアン、そして少年の母ケイト。誰のせいでもない一つの事故が、一人の男と三人の女の人生を変えてしまう。

関連記事リンク(外部サイト)

ヴィム・ヴェンダース制作総指揮、ダンスと愛の物語『ラスト・タンゴ』予告編公開
ジェーン・バーキンの娘としても知られるルー・ドワイヨン、待望の2ndアルバムが遂に完成
ルー・ドワイヨン ジェーン・バーキンの娘が歌手デビュー

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP