ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【徳島編】電動工具のおすすめ買取店と高価買取のコツまとめ

  • ガジェット通信を≫

徳島で電動工具の買取店を探すに当って、まずは電動工具の全国的な相場を知っておいた方が良いでしょう。地域によって需要に違いがあり、相場にも違いがありますが、全国的な相場を知っていると、交渉や判断で何かと有利で便利です。

徳島における買取店でも、自社サイトをネット上に持っていますから、そこで自社の買取の仕組みを説明しています。多くの買取店は類似した買取システムですが、独自色を出している所もあります。自分にとって使いやすいか、自分にとって有利なシステムかが判断できますので、下調べを入念にしておくと良いでしょう。

今回は徳島で人気の電動工具買取店をご紹介するとともに、3つの買取システムと高価買取のコツをまとめました。

徳島でオススメの電動工具買取店

徳島での電動工具買取店の特徴は、地域性が比較的はっきりしていることです。地場に根付いた買取店が多く、全国的な傾向と少し違います。それぞれに特色があり、個性があります。買取の仕組みも独自性が強い傾向があります。従って、自分に合う買取店をネット情報を頼りに、じっくりと調べた方が良いでしょう。徳島では、宅配買取と出張買取とを前提に考えた方が良さそうです。

いずれも便利に利用できるシステムですから、特に不便はないはずです。また、徳島に本社や店舗を構えていなくても、徳島を営業範囲にしている他県の買取店もありますので、それも合わせて考慮の対象にできます。

リサイクルショップ徳島買取本舗

出典:リサイクルショップ徳島 買取本舗

まず最初は、「徳島買取本舗」です。ここは、電動工具だけでなく、幅広い商品を買取していますが、電動工具も重要な買取品目にしています。ここでの買取システムは、出張買取と宅配買取との2種類です。

徳島買取センター

出典:徳島買取センター

次に、「徳島買取センター」です。こちらも、電動工具だけでなく、幅広い商品を買取しています。ここでの買取の仕組みは、出張買取です。厨房機器やオフィス用品や電化製品など大型の商品も扱っているため、出張買取が基本です。大型の電動工具や特殊工具も買取対象となっています。

ハードオフ藍住店

出典:ハードオフ

次に、「ハードオフ藍住店」です。ここは、徳島県板野郡藍住町にある販売を全面に出した大型店舗です。ここでの買取は、宅配買取と出張買取になります。この店舗で販売している中古商品は非常に幅広く、電動工具の占める割合は大きくありませんが、電動工具も主要商品の一つとなっています。

電動工具を買取してもらう際の手順


店舗買取

店舗買取とは文字通り、売りたい電動工具を店舗に持ち込んで、その場で査定してもらう方法です。売りたいものが持ち運べるもので、近くに店舗がある人にはおすすめです。メリットはすぐ査定、現金化してもらうえる点でしょう。デメリットは、持ち運ぶ手間がかかること、査定中店舗で待たなくてはいけないことです。

持ち込む品が大きい場合や持ち込む時間が無い人は、下記の宅配買取か出張買取を選びましょう。

宅配買取

宅配買取は、売りたい品を自分で梱包し、買取店まで郵送する方法です。まずは買取店に連絡をとり、郵送用のキットを送ってもらいましょう。家にダンボール等がありキットが不要な人は買取店にそう伝えます。

郵送後、買取店に品物が届いたら査定が始まります。一般的に1週間ほど時間がかかります。査定後、確定買取金額のお知らせがきます。その金額に納得がいけば買取に進みます。支払いは銀行振込で行われることが多いです。

申し込みから支払いまで、人に会わずに済ませることができるのがメリットでしょう。梱包の手間がかかるのがデメリットですが、宅配であれな生活リズムや環境に左右されず、誰でも利用できます。

出張買取

出張買取は、買取店から査定スタッフが自宅まできて、自宅で査定〜支払いを行ってくれるという方法です。持込や宅配の手間がかからないことが一番のメリットです。また、その場で買取金額に納得がいけば、すぐ支払いもしてもらえます。

いずれの方法も、買取してもらうには身分証明書が必要です。事前に準備し、スムーズな買取を目指しましょう。

少しでも高く売るための事前準備4選


買取価格の相場を把握しておこう

電動工具を買取店に実際に査定に出す前に、インターネットで機種別の相場を確認しておきます。大体の相場を把握しておかないと、査定金額が高いのか安いのかわかりませんし、このステップはマストで行っておくことをおすすめします。

電動工具を清掃しておこう

電動工具は、使用すれば汚れたり傷付いたりします。工具内部の潤滑油が染み出していたり、加工時の切削油または切削屑が付いている場合もあるでしょうから、これらの汚れを拭き取っておく必要があります。元通りに戻せないキズも多いですが、補修できる種類のものなら補修しておきましょう。

付属品は揃えよう

たいていの電動工具には何らかの付属品が付いているはずです。収納容器や交換部品やアタッチメントや充電器、さらには説明書などの文書も付属品に当たります。工具本体の他に、これら付属品も全て揃ってこそ工具一式となります。

何かが欠けていると商品として不完全品と見なされる可能性が高いです。ですから、中古品であっても、できる限り新品として買った時の一揃いの状態に戻さなければなりません。

事前の動作チェックは必須!

電動工具は、正常に動作してこそ価値があります。よって事前の動作チェックが欠かせませんし、充電バッテリー式であればフル充電にして、バッテリーの寿命や性能などもチェックしておきます。手持ちの電動工具が正常と思えない状態でしか動作しない場合、買取対象にならない可能性が高いです。

電動工具の表面に付いた擦り傷であれば道具としての機能に関係ありませんが、動作そのものに異常や不安定や性能低下があれば、機能的な根本問題となります。

製造年数やブランドを調べよう

古すぎる機種や有名ブランドでない無名ブランドの場合、性能に疑問が持たれることにもなりますので、買取対象から外れる場合があります。買取店は買取を希望するブランドを公表している場合が多いので、それも確認しておきます。

このように、事前に準備しておくことで高額買取してもらえる可能性がアップするので、是非参考にしてみてください。

まとめ

徳島での電動工具買取まとめ、いかがでしたか?

電動工具の買取店での買取システムは、一般的な中古品の買取システムと基本的な部分は同じです。ブランド・保存状態・市場での需給関係も重要である点では、他の中古品と大差ありません。その上で電動工具の特殊性を考慮し、機能や性能も合わせて確認しましょう。

上記のコツを活用すれば、電動工具の高価買取が期待できますよ。また、手持ちの電動工具が買取の対象外になっている可能性もありますので、ネットで調べられることは事前にネットで調べておくことで、無駄な努力をせずに済むことにもなるでしょう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP