ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

超特急が特番でさまざまな仕事にチャレンジ!ゲストは金爆歌広場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

超特急が地上波で初冠を務め、今話題の商品やサービスの魅力を紹介している5分番組『超特急のふじびじスクール!』が、深夜にスペシャル番組として放送されることが決定。8月30日に30分の特別バージョンとしてお送りする。

今回、メンバーはそれぞれ2人~3人ずつに分かれて4種類の仕事にチャレンジ。タクヤとユーキは人気ゲームアプリのキャラクターが装着するアバターのデザインに挑戦。ユースケとタカシはファーストフード店での店員として実店舗に立つ。

そしてコーイチ、カイ、ユースケは映画のPR動画制作にチャレンジ。リョウガとユーキはスーパーの店頭で缶詰の試食販売に挑む。さまざまな仕事に体当たりで挑戦するメンバーたちの真剣な表情や、初体験で見せる葛藤、貴重なユニフォーム姿は必見だ!

またスタジオには担任役の安田大サーカス団長安田だけでなく、ゲストとしてゴールデンボンバーの歌広場淳も登場。理事長の立場でメンバーを見守り、熱いエールやアドバイスを送る。

『超特急のふじびじスクール!ガチンコお仕事挑戦スペシャル!』
8月30日(火)午後25時25分~25時55分

出演:超特急/団長安田(安田大サーカス)/歌広場淳(ゴールデンボンバー)

【超特急 コメント】
■コーイチ(1号車)

スペシャルの放送が決まり、とてもうれしいです。今回は教室だけでは体験できないこともできて、自分たちのいつもと違った面も見せられたのではないかと思います。元々アメコミが好きだったので、今回こういった形で映画に関わることができて楽しんで挑戦できました。スーパープレーがまさか成功するとは思っていなかったのですが、全力で挑戦したのでぜひ楽しみにご覧下さい。

■カイ(2号車)

約半年ぶりの教室での収録で、団長さんとも久々に会えて懐かしかったです。この半年間で得た経験を踏まえて、楽しんで挑戦できました。深夜にはなかなか笑いをお届けしますので、ぜひ夜更かしして見て下さい!」

■リョウガ(3 号車)

教室での収録は久々でしたが、安心して楽しめる雰囲気は以前と変わっていなくて、ホームな感じがありました。僕は自分からは接客系の仕事は絶対やらないと思うのですが、(一同笑)今回”試食販売”に挑戦させてもらって、楽しかったです。普段あまり接する機会のない年配のお客さんともたくさん触れ合えたのが新鮮でした。

■タクヤ(4号車)

普段は5分番組という限られた時間ではありますが、今回は30分スペシャルということで、商品の良さだけでなく自分たちの個性も出せたのではないかなと。今回デザインに挑戦したアバターデザインですが、”よかったら本当に採用するからちゃんとやってね”って言われて、急に緊張感が増しました。普段ユーザーとして楽しんでいるゲームの裏にあるお仕事の努力や苦労を知れたのもいい経験でした。

■ユーキ(5号車)

この半年は2人ずつで収録してきたので、今回久々に全員で収録できメンバーの変化を感じることもできました。全員での収録は何よりも楽しかったです。元々好きなゲームだったので、デザインに挑戦できてすごく楽しかったです。試食販売も一つのものをPRする難しさを感じると同時に、それがお客さんに伝わった時の喜びを感じました。僕たちがライブだけでなくこういった挑戦もしているんだぞ、というのをぜひこの番組を通して知ってもらえたらうれしいです。

■ユースケ(6号車)

僕も2つの仕事に挑戦させてもらって、映画のPR動画は成功するまで何テイクも挑戦したんですが、実際完成した映像をスタジオで見たらすごくいい映像になっていて感動しました。ファーストフードの店員さんは言葉遣いからして難しい。今度から自分がお客さんとして注文する時は、優しくなれそうです(笑)

■タカシ(7号車)

久々に学校に戻ってこられて、自然に笑顔になれました。この楽しい雰囲気はテレビを通してもそのまま伝わるのではないかと思うので、見て下さる方にも笑顔を届けられたらなと思います。昔からお客さんとして通っていたファーストフードでしたが、店員さんの立場に立ってみると緊張もしたし、細かいところまでお客様のことを考えているということを改めて知ることのできた1日でした。この30分の特番で、ぜひ新たな”ガチンコ超特急”を見ていただけたらうれしいです。


カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP