ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

見つけてハッピー♪ハートの入り江で伊勢志摩ドライブ!【三重】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

伊勢志摩国立公園のひとつ鵜倉園地にあるハートの入り江。

幸せをパワーチャージできそうなこの場所は、昨年4月「恋人の聖地」に認定され、カップルで訪れる人がさらに増えたとのこと。愛の鐘を鳴らし、見渡す限りの景色に響きわたらせたくなりますね。

今回はそんなハートの入り江を起点に、絶景が楽しめるドライブコースを作りました!

ゴールは英虞湾が一望できる横山展望台。

日本有数のリアス式海岸を見られる志摩エリア。この二大展望台は見ないと損ですよ!

<おすすめドライブコース>

ハートの入り江

↓車で1時間

伊勢現代美術館

↓車で25分

志摩地中海村

↓車で15分

お菓子職人 おとべ

↓車で10分

横山展望台

ハートの入り江

ハート湾に響け、恋の鐘。

愛の鐘。ハート形の鍵(愛鍵)は南伊勢町観光協会、市内旅館等などで1個1080円で販売

ハートの入り江。そう呼ばれる「かさらぎ池」は、伊勢志摩国立公園のひとつ鵜倉園地にあります。

4カ所ある展望台のうち、ハートの入り江が見えるのは見江島展望台のみ。

じゃらんでも度々紹介する絶景スポットですが、初めて掲載した時にはそんな名前はありませんでした。

実は、7~8年前に地元若手の観光関係者が、かさらぎ池を「ハートの形に見えるよね」と話したところから始まったといわれています。

一度ハートと気づいてしまうと、もうハートにしか見えません。これは恋する人と見て愛を語りたくなるワケです。さらに恋待ちの人は、携帯の待ち受けにして幸せを呼び込みたくなるワケです。

幸せをパワーチャージできるこの場所は、昨年4月「恋人の聖地」に認定され、カップルで訪れる人がさらに増えたとのこと。

愛の鐘を鳴らし、見渡す限りの景色に響きわたらせるのも一興です。

最後に、展望台の名前にもなった見江島も見えるので(写真では見えないが、左奥にあります)、恋に溺れずぜひ観賞を。 ハートの入り江

TEL/0599-66-1717(南伊勢町観光協会)

住所/三重県度会郡南伊勢町道行竈

アクセス/車:伊勢道玉城ICより1時間

駐車場/6台

「ハートの入り江」の詳細はこちら

伊勢現代美術館

五ヶ所浦湾を望む景勝地に建つ小さな美術館。

若手作家を中心に企画展を開催しています。ミュージアムショップやカフェもあるので、ふらりと立ち寄って時間を過ごすのもよいですよ。 伊勢現代美術館

TEL/0599-66-1138

住所/三重県度会郡南伊勢町五ヶ所浦湾場102-8

営業時間/10時~17時

定休日/火・水(祝は翌平日休)、展示替期間

料金/大人500円、高大学生400円、中学生以下無料

駐車場/8台

「伊勢現代美術館」の詳細はこちら

志摩地中海村

1万坪の敷地にスペインの3つの町並みを再現した本格リゾート施設。建材や装飾もすべて現地から取り寄せています。

レストラン、ショップ、宿泊施設なども併設しています。 志摩地中海村

TEL/0599-52-1226

住所/三重県志摩市浜島町迫子2619-1

駐車場/80台

「志摩地中海村」の詳細はこちら

お菓子職人 おとべ

志摩で人気のスイーツショップ。カフェスペースが22席あり、ゆっくりと過ごせます。

人気はバームクーヘンで、英虞湾のリアス式海岸をモチーフにした「リアスクーヘン」は伊勢産米粉を使用したもの。 お菓子職人 おとべ

TEL/0599-43-5148

住所/三重県志摩市阿児町鵜方小向井3373-16

営業時間/9時30分~19時

定休日/木・第3水

駐車場/25台

「お菓子職人 おとべ」の詳細はこちら

横山展望台

60の島々を一度に望む美しき姿。

英虞湾(あごわん)には大小約60の島が浮かび、そのうち有人島は賢島と間崎島(まさきじま)のみ。

リアス式の入り組んだ様子が一番美しく見られる展望台は、標高203mで第1から第3までの3カ所にビュースポットが。

英虞湾に浮かぶ筏は真珠養殖。右手に熊野灘、後方に朝熊山を望む眺望も自慢です。 横山展望台

TEL/0599-46-0570(志摩市観光協会)

住所/三重県志摩市阿児町鵜方875-20

アクセス/車:伊勢道伊勢西ICより30分

駐車場/あり

「横山展望台」の詳細はこちら

※この記事は2016年7月時点での情報です


関連記事リンク(外部サイト)

グルメに買い物・・・おすすめのSA・PAガイド【上信越・関越・常磐】
物想いの秋、大切な人と二人きりで訪れたい岡山のデートスポット20選!
物想いの秋、大切な人と二人きりで訪れたい和歌山のデートスポット20選!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。