ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロア・インターナショナル、YOLKブランドの薄型ソーラー充電器「ソーラーペーパー」を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ロア・インターナショナルは 8 月 23 日、米国のベンチャー企業「YOLK」が開発した薄型ソーラー充電器「ソーラーペーパー」をクラウドファンディングサイト「Makuake」で発売しました。「ソーラーペーパー」は、名前の通りパネル部分の厚みが 2mm というかなり薄い仕様のソーラー充電器です。スマートフォンと USB ケーブルで接続すると、日光が当たる場所で太陽光発電による充電を行うことができます。ソーラーパネルはマグネットで最大 6 枚まで増設することも可能。従来は、一度光が遮断されると充電が停止していましたが、「ソーラーペーパー」では、自動的に充電が再開する仕組みを採用しています。また、本体にはデジタル電流計も搭載しており、充電中の電流値を確認することができます。「ソーラーペーパー」は 1 枚の「5W セット」、2 枚の「7.5W セット」、3 枚の「10W セット」が用意されており、クラウドファンディング中の価格は、5W セットが 13,500 円、7.5W セットが 18,300 円、10W セットが 23,000 円です。Source : Makuake

■関連記事
Huawei、MediaPad M3を開発中
「ポケモンGo」のAndroid版がv0.35にアップデート、ポケモンの評価機能が追加
ASUS、国内向け「ZenFone Max(ZC550KL)」のAndroid 6.0アップデートを8月24日に開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。