ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

gumi、韓国のVRスタートアップに対する支援会社を設立

DATE:
  • ガジェット通信を≫

株式会社gumiは、8月22日開催の取締役会において、韓国大手ゲームパブリッシング企業であるYJM Gamesと合同で、韓国においてVR技術を活用したプロダクト開発を行うスタートアップに対し、全般的な支援を提供する合弁会社「Seoul VR Startups(SVS)」の設立を発表しました。

韓国VR産業協会の資料によると、韓国におけるVR市場規模は、2020年には5兆7,000億ウォン(約5,100億円)になると予測されているとのことです。こういった市場ニーズの高まりを受け、gumiはYJM Gamesと連携。韓国におけるVR技術を活用したスタートアップに対し、全般的な支援を提供するSVSの設立に向けた基本合意書を締結するに至りました。

SVSは、韓国のVR市場におけるスタートアップ企業に対し、資金提供のみならず、エンターテイメント業界のノウハウ提供、経営や開発等のアドバイスの提供、ワーキングスペースの無償提供等様々な支援を提供し、必要に応じて事業協力を行うとのこと。

gumiは日本で、VRコンテンツの開発費用の出資などを含めたインキュベーションプログラムを提供するTokyo VR Startupsの設立も行っています。

(参考)
株式会社gumi プレスリリース
https://gu3.co.jp/files/pdf/9420db50-7542-4a31-a5f7-f924d46d2b7b/20160822.pdf

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP