ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

着物姿でお江戸を遊ぼう!和装で楽しむ世界最大の縁日「東京江戸ウィーク」開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年9月、東京でとっても面白そうなイベントが開催されますよ!

紹介するのは"和装で楽しむ世界最大の縁日"と題して開催される「東京江戸ウィーク」。2016年9月22日(木・祝)〜9月25日(日)の4日間、上野恩賜公園で行われるイベントで、江戸時代へタイムスリップしたかのような空間を創り出し、日本の文化を次世代へつなぐ…というもの。

メイン会場のイメージが公開されていますが、暖簾や提灯、番傘などの日本ならではのアイテムを使用して江戸の街並みのような雰囲気が創り出されるそう。まさに大縁日といった雰囲気が感じられます。

イベントの見どころは和装、食、工芸、芸能の4カテゴリに分け紹介されており、「和装」では着物関連のショップがラインナップされています。Japaaanでも紹介しているブランドも参加していますね。

「食」では上野精養軒、賛否両論、登利平と、名店がラインナップ。「工芸」にはとんぼ玉や江戸切子、こけしなど日本の伝統工芸に関連したショップ、協会が並びます。

本イベントでは和装での来場を推奨しているのも面白いところ。キャッチフレーズにも"新しい文化「和装週間はじめます」"というキーワードが掲げられており、和装の文化をさらに盛り上げたいという思いがあるようです。

イベント会場で手軽に和装を体験できるようにレンタル、着付け情報も今後公開していくそうです。

「浴衣の次は着物を着たい、でも着る機会がない、あと一歩が踏み出せない・・」と思っている方は少なくないと思いますので、こういった着物がフィーチャーされるイベントを機に、着物姿にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

東京江戸ウィーク

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

「無電柱化民間プロジェクト」のビジュアルイメージがクールすぎて「逆効果では?」と話題に
京都府庁旧本館がコスプレの聖地になりつつある件
確かに似てるぞ!2016年の蘇民祭のポスターが、とにかく明るい安村にそっくりと話題に

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP