ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏にぴったり!さっぱりと味わえる「松島あなごめし」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月22日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時30分~)では、宮城県松島~岩手県平泉の日本三景と世界遺産を巡る旅をした中で、渡辺正行さんが「松吟庵」(宮城県宮城郡松島町)に訪れた。

JR仙石線・松島海岸駅から徒歩6分ほどにある同店は、松島の風景をゆったりと楽しめる店内で、「松島よくばり天丼膳」や「夏の芭蕉そば」をはじめ、十割そば、海鮮料理、牛タン、スイーツなどが味わえるお店だ。番組では、お店のメニューとして「松島あなごめし」が紹介された。どんぶり飯の上に煮穴子を乗せた一品で、穴子の上にはわさびや大葉が添えられている。サイドメニューとして、つけものや椀物が付いてくる。

渡辺さんが「松島あなごめし」を食べると「あっ、美味しい!甘辛く煮てあって、ご飯にタレがついていて、これは夏はさっぱりいけますね」とコメント。もう一口食べると「これですよ!美味しい!穴子が柔らかいですよ、これもペロっといける一品ですね」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:松島 松吟庵 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:松島・利府のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:松島・利府×和食のお店一覧
ドイツの定番スイーツ「スパゲティアイス」
ヘビメタ好きの店長によるヘビー級デカ盛り料理の楽しめる店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP