ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1日で単独飛行も!モーターパラグライダーの体験法

DATE:
  • ガジェット通信を≫


鳥のような目線で大空を飛ぶ「モーターパラグライダー」。通常のパラグライダーは動力がないため高所から“舞い降りる”のに対し、モーターパラグライダーはプロペラを背負うことで飛行機のように“飛べる(進める)”のが特長だ。

【もっと大きな画像や図表を見る】

ハイビジョンカメラを積んだモーターパラグライダーで“超低空飛行撮影”を行う飛行撮影家・矢野健夫氏の映像を目にし、「こんな風に飛んでみたい!(自分には無理だろうけど…)」と思った人も多いかもしれない。

ところがこのモーターパラグライダー、難易度が高いと思われがちだが、じつは性別問わずに幅広い年代に親しまれており、初心者でもしっかり練習すれば、その日のうちに一人で飛ぶのも夢ではないそうだ。首都圏近郊にも、初心者が体験飛行できるスポットが多数ある。そこで、栃木県にある「スカイジムサノ」の講師を務める市村さんに、モーターパラグライダーの一人乗り体験方法について聞いてみた。

「一人で乗るには最低限の知識と技術、そして安全に飛行する気象条件が必要です。そのため、基礎的なことをゆっくり覚えていただきます。まずはエンジンの扱い方に慣れること。次に簡単な翼の操作を覚えること。この動作はバイクや自転車のハンドルの操縦に近いでしょうか。体力・性別・体重に左右されないスポーツで、コツを覚えてしまえば、個人差はありますが早い方ですと3~4時間ほどの練習で、一人で飛べるようになる方もいらっしゃいますよ」(市村さん、以下同)

なお、どうしても不安感が拭い去れない場合は、インストラクターと二人で乗ることもできるそう。ただ、浮いている感覚は味わえるものの、自分で飛んだという感覚は乏しいとか。ちなみに、初体験でも150mから200m上空を飛べるようになるらしい。

また、モーターパラグライダーは特に免許などを必要としないが、機材なども揃えてより本格的にやりたい人向けにライセンスも用意されているようだ。

「技量認定証を発行する民間団体はいくつか存在します。技量認定証は習得した技能のレベルに合わせて数段階に分かれており、機材の扱い方や風の読み方などの理論をはじめ、長時間・長距離・高高度飛行などを学び、学科試験や実技試験を受けて技能証取得を目指します。その後、さらに高い技量を身につけたい場合は、アクロバティック・フライトを目指すことも可能です。また、モーターパラグライダーでフライトする際は、基本ルールの厳守はもちろんですが、近隣の迷惑に配慮し、利用するエリアの管理者からエリアルールを確認し理解したうえでフライトすることが求められます。そうしたルールも講義を通して習得することができます」

愛好者の中には「クロスカントリー」と呼ばれる長距離飛行を楽しむ人や、インストラクターになる人、友人や家族との「二人乗り飛行」ができるようになる人もいるとか。とにもかくにもまずは体験飛行から。というわけで、まずは関東近郊でモーターパラグライダーが体験できる場所を紹介しよう。

●1)スカイジムサノ

丁寧な指導が好評のオーナーが、一人飛行ができるまで時間をかけてしっかりレクチャーしてくれる。アウトレットやフラワーパーク、映画館などの周辺施設が充実しており、日帰りレジャーとして遊び場が充実しているのも嬉しい。

所在地:栃木県足利市奥戸町字新田7131-2
体験費用:「フライト」体験コース1万5000円と「タンデム」体験コース1万3000円
所要時間:フライト体験は約1日(※「フライト」体験コースは単独飛行を確約するものではありません)、タンデムフライトは約1時間から2時間程度

●2)エアウィング

都心から1時間の場所にある日本最大級1万5000平米の広大な専用エリアで、悠々としたフライトを満喫。一人乗りコースやライセンス取得コース、女性向けにプログラムを組んだレディースコースなど、数日から1年かけてじっくり学べるコースを多彩に用意している。10代から70代まで幅広い年代の人が足を運んでいる。

所在地:埼玉県熊谷市玉作1815 荒川河川敷専用エリア
体験費用:「ウィングコース」5万4000円
所要日数:延べ5日間(2カ月の間に好きな日を予約し、単独フライトにチャレンジできる)

●3)エンジェル・ジップ

都心にも比較的近い利根川の河川敷で飛行できる。周辺観光フライト、高高度フライト、低高度でのスリリングなフライトなど、希望に応じてアレンジしてくれる。

所在地:茨城県常総市大崎町308-1 ※フライトは利根川河川敷、または同社オフィス近郊滑空場
体験費用:「ベテランインストラクターとふんわり空体験」1万800円
所要時間:集合から解散まで約1時間、フライトは約20分

●4)スカイエンジェル

1982年から開講している千葉県初のモーターパラグライダースクール。南房総の安定した海風を利用して飛行することができる。天気が良ければ横浜方面や富士山まで見渡せることも。

所在地:千葉県富津市下飯野1387−2
体験費用:「1日体験コース」8500円
所要時間:1日(フライト時間は10分程度、希望で地上練習も)

●5)湘南スカイスポーツスクール

インストラクターと二人乗り飛行であれば、説明から10分でフライト可能。湘南の海を一望できるフライトロケーションも魅力だ。

所在地:神奈川県平塚市万田69-2
体験費用:「タンデム飛行(プロと二人)」1万1500円 ※土日祝日は3000円プラス
所要時間:準備から離陸まで10分、飛行時間10分

初心者でも比較的簡単に習得できるモーターパラグライダー。大空を悠々と飛ぶ爽快感を味わってみては?
(末吉陽子/やじろべえ)

(R25編集部)

1日で単独飛行も!モーターパラグライダーの体験法はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

初心者歓迎!手ぶらOK!「海上釣り堀」お薦め4選
皇族の別邸も!一度は泊まりたい秋の極上宿5選
一度は行きたい!映画&ドラマの絶景ロケ地TOP10
「登山・トレッキング+α」旅 初心者向けコース5選
樹上10m!本格派の「樹上アスレチック」に予約殺到

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP