ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベン・アフレック、アガサ・クリスティの短編小説をもとにしたリメイク版映画『情婦』の監督兼主演へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ベン・アフレックが、法廷映画『情婦』のリメイク版映画で監督と主演を務めることを米20世紀FOXと交渉中だ。

リメイク版はクリストファー・ケイザーが脚本を執筆し、アフレックが、マット・デイモン、ジェニファー・トッド、アガサ・クリスティ財団と共にプロデュースを手掛ける。

アガサ・クリスティの短編小説を原作としたオリジナル版映画『情婦』は1957年に公開され、ビリー・ワイルダーが監督し、タイロン・パワー、マレーネ・ディートリッヒ、エルザ・ランチェスター、チャールズ・ロートンが出演、第30回アカデミー賞で、作品賞、監督賞、主演男優賞(ロートン)、助演女優賞(ランチェスター)を含む6部門にノミネートされた。

ロートンは、裕福な未亡人殺しの罪に問われている1人の男(パワー)を弁護する弁護士を演じる。未亡人は、男に夢中になり、遺言書の主な遺産相続者に男を指名していた。

アフレックは、第85回アカデミー賞作品賞を受賞した映画『アルゴ』を監督し、現在、米ワーナー・ブラザースによる映画『Live by Night(原題)』のポストプロダクションを行っている。またアフレックは、ワーナーによるバットマンの単独映画も監督する。

アフレックは、ワーナーによる映画『Justice League(原題)』でエグゼクティブ・プロデューサーを務め、同じくワーナーによる10月14日に米劇場公開する映画『The Accountant(原題)』に主演する。

ケイザーは、米ケーブルテレビ局FXのドラマシリーズ『タイラント 独裁国家』のエグゼクティブ・プロデューサーを務め、テレビシリーズ『サンフランシスコ空の下』を共同製作した。また、西部全米脚本家組合の組合長を2011年から2015年の間に2期務めた。

リメイク版『情婦』は、アガサ・クリスティーの小説をもとにした米20世紀FOXによる映画プロジェクトとして2作目となる。同スタジオは、ケネス・ブラナー監督・主演によるクリスティーの原作をもとにした『オリエント急行殺人事件』のリメイク版映画が控えており、レスリー・オドム・Jrが出演交渉中だ。

『情婦』は、1982年に、ラルフ・リチャードソン、デボラ・カー、ボー・ブリッジス、ドナルド・プレザンス、ウェンディ・ヒラー、ダイアナ・リグが出演するテレビ映画としてリメイクされた。

アフレックは、WME(ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント)、ケイザーは、CAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)とそれぞれ代理人契約を結んでいる。このニュースはDeadline Hollywoodが最初に報じた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP