ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コンパクトな「折りたたみ式カヌー」は折り紙をヒントにつくられたもの

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カヌーやカヤックといった水辺のレジャーツールには、サイズや保管場所の問題が常にありました。でも、フォールディングタイプの登場で、こうした問題が徐々に解消。なかでも、この折りたたみ式カヌー「そんなにたたんで大丈夫?」と、逆に心配になっちゃうほどコンパクトなんです。

バラしてたたんで
キャスターで移動できるカヌー

この写真だけ見れば、大道芸のパフォーマーか、ミュージシャンか。キャスターをゴロゴロ引きながら、まさか彼がこれから運河をカヌーで下ろうとは、なかなか想像もつかないはずです。何が言いたいかって、アウトドア感ゼロ。でも、彼がキャスターで引いているものこそカヌーそのものなんです。

組み立てに不慣れな人でもかかる時間は、おおよそ10分。

船体を形成させている黒いストラップを緩めれば、カヌーはただの一枚のシートに。今度はこれを左右から内側にパタパタ折り込んでいき、最後は付属のキャスターに乗せるだけ。パドルや細かなパーツはすべて内側に入れてしまえば、基本このキャスター1台だけ持ってさえ行けば、どこへでもカヌーを連れて遊びに出かけられるという具合です。

折り紙の船のイメージを
カタチに再現


材質はタッパーやクリアケースなどに使われる、ポリプロピレンをベースに独自に開発したハニカム構造の 「Curv™」。パタパタと折り込んでも割れたり傷がつかず、万一パドリングの最中、岩場に激突しても水が漏れてこないだけの強度がある、とこのカヌー「ONAK」の開発メーカーは強調します。

そもそも、折りたたんで持ち運びできるカヌーは、日本の「折り紙」から発想を得たと開発者(Otto Van De Steeneさんとhomas Weynさん)。折り紙の船を数百通りも形作り、そこから15のプロトタイプを実際に人が乗る大きさでつくり、水上で浮力実験をしたそうですよ。

コンパクトにたためるだけでなく、折り目(山折り、谷折り)通りに何度でも形成できるインスピレーションが、折り紙から来ているなんて、ちょっと親近感が湧いてしまいますよね。

キャスター付きだから
電車でも持ち運びOK


それこそ、スーツケースをガラガラと引っぱる感覚で電車に乗せて移動したり、行きは電車、帰りはカヌーを組み立て、のんびり運河や川を下って帰ってくる。本格アウトドア仕様というよりかは、優雅な街乗り感覚で水辺のレジャーを楽しむ人向けのONAK。

そもそも、オランダに隣接するベルギー北部も運河が市内をめぐる街が多く、そういった地理的背景も、移動も楽々、フォールディングタイプのカヌー開発に影響しているんでしょうね。

ちなみにカヌー自体の全長は485センチ、幅85センチですが、折りたためば120センチ × 40センチにまで小さくなり、重さも17キロと女性でもらくらく運べるうれしい仕様。

すでにクラウドファンディングで潤沢な資金を手にし、クッション材やパーツのアップグレードも叶ったよう。サイトでは、1セット1,295ユーロ(約14万7,000円)で注文を受け付けており、世界どこへでも発送してくれるようですよ。

車の屋根に逆さに積むほどのカヌーイストではないにせよ、荷台に積んでさえおけば、水辺のレジャーもいっそう盛り上がること間違いなし!

Licensed material used with permission by ONAK

関連記事リンク(外部サイト)

お値段650万円!小さな「ウォーターパーク」が、個人で買えちゃう・・・。
海外で2,500万個売れた水風船「バンチオバルーン」実は日本でも購入できる!
描いた線が電子回路になるペンで、未来に光を灯す動画。めちゃ素敵です!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP