ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

試してみるなら夏。冷たいシャワーの驚くべき効能7つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いっぱいかいた汗を流してサッパリ、体もポカポカと温まる。この時期のシャワーって気持ちがいいですよね。もちろん熱いシャワーもいいのですが、冷水シャワーにも驚くほどの効能がある、と語るのはNY在住のライターJohanna Silverさん。

なんだか体調が優れない…というあなたの、心と体をスッキリさせてくれるかもしれませんよ。

01.
血行が良くなり
活力が出てくる

Medical Daily」によれば、冷水シャワーで急激に体温を下げると、その体温を戻すために心拍数が上がり、血行が良くなるそうです。体中に血が巡るようになって、朝から元気に活動が始められるといった効果も。

また、血行が改善されると内臓もよく働くようになり、今より元気に1日を過ごせるようになるはず。

02.
手軽に
「筋肉痛」を和らげる

夏から秋にかけてスポーツをする機会も増えますが、筋肉痛もつきものです。「Everyday Health」によれば、筋肉痛を和らげるには交互に温めたり冷やしたりするのが効果的だそう。

冷やすと患部への血流が減ることで腫れや炎症が抑えられ、温めると筋肉がリラックスして、治癒を促進する血液や酸素がより早く活動するようになります。温冷水のシャワーを使えば、アイスパックやヒートパッドがなくても、手軽に筋肉痛の緩和ができるでしょう。

03.
お肌や髪の毛が
ツヤツヤに?

お湯って、じつは髪の毛や肌にとってあまり良くないって知っていましたか?

お湯は肌を乾燥させてしまい、髪の毛のキューティクルも開いたままになるので、そのままでいると化粧水やコンディショナーの栄養成分も流れてしまうのです。でも、最後に冷水シャワーを浴びて温度を下げれば、毛穴もキューティクルも閉じて栄養成分も保護してくれるんだとか。結果的に、お肌も髪の毛も「ツヤツヤ効果」が期待できます。

04.
血のめぐりが良くなり
「新陳代謝」も活発に

冷水シャワーで循環系を刺激すると、臓器や動脈により良い血が流れると言われています。すると、もっと効率的に病原体と戦えるようになったり、心臓の不調が緩和されるなど、新陳代謝を活発に保つ効果が期待されます。

05.
リンパの流れを促進

カラダを守る免疫系のなかでも最も重要な部位のひとつ、リンパ節。ここはリンパ液によって体中から運ばれてきた老廃物などをこしとる「フィルター」のような役目をしています。

病原体などもここに留まることで白血球が撃退してくれるのですが、あまりに溜まってしまうと腫れが出て、感染症のようになってしまいます。熱いシャワーと冷たいシャワーでリンパ節を刺激することで、停滞していた老廃物や病原体の排出を促すことができるとか。

06.
神経系に作用し
リラックス

冷たい水は脳内のノルアドレナリンを生成している部位を刺激し、神経系が最適な状態で働くようにしてくれます。ノルアドレナリンは鎮静効果があるとされている脳内物質で、リラックスに効果的。

また、体には冷たさを感じ取る冷感受容体がたくさんあるのですが、これが冷水で活性化されると、抗うつ効果も期待できると言われています。

07.
肺の働きが活発になり
「呼吸」がラクに

冷水で体温を下げると体は熱を生み出そうとするため、外気をたくさん取り込もうとして肺の働きが活発になります。定期的に冷水シャワーで肺をフル活動させる機会をつくると呼吸が深くなり、よりラクに呼吸ができるようになるそうです。

以上、「Little Things」の記事からの紹介でした。こんなにたくさんのメリットがある冷水シャワー、チャレンジしやすい夏の時期から試してみては?

Licensed material used with permission by Little Things

関連記事リンク(外部サイト)

夏に向けた「美脚メシ」を栄養士が本気でアドバイス!
「クルマの中で大熱唱」は健康にいい!?歌う人ほど長生きするワケとは
その数222万通り!心理テストで不足している栄養を診断・処方してくれる「お弁当」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。