ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「FREEDOM aozora 2016」東北公演に7500人が来場、来月は最後の舞台“九州”へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

8月20日に音楽フェスティバル「FREEDOM aozora 2016」東北公演が開催された。今年も様々なアーティストが出演し、悪天候にもかかわらず7500人が来場、例年通り会場を盛り上げた。

公演には、東北限定出演アーティストであるナオト・イン ティライミや、ウカスカジーの爽やかなナンバーが会場の雰囲気を夏色に染め上げ、さらに今年でデビュー20周年を迎えるPUFFYの出演で会場のボルテージは最高潮に達した。

また、女性の来場者が多い「FREEDOM」だが、女性から圧倒的な支持を集める加藤ミリヤが登場すると、会場からは大歓声があがった。

前回の淡路島公演に引き続き、東北公演もジャンルレスなアーティスト陣の白熱したステージパフォーマンスで終始盛り上がりをみせ、大盛況で幕を閉じた。

次の舞台は、9月3日に九州・みやざき臨海公園 サンマリーナ宮崎にて開催される。東北では新旧アーティストの出演で会場は熱気に包まれたが、九州ではどんな舞台になるのか期待が高まっている。

アーティストはMINMI、湘南乃風、RED SPIDER、加藤ミリヤ、HAN-KUN、AK-69、The BONEZ、ハジ→、BLUE ENCOUNT、MACO、KENTY GROSS、BES、APOLLO、Monster Rion、ATTACKDEM、Beat Buddy Boi、山猿の全17組が出演する。

イベント情報
「FREEDOM aozora 2016」
2016年9月3日(土)九州:宮崎県 みやざき臨海公園 サンマリーナ宮崎 多目的広場(宮崎県宮崎市)

関連リンク

FREEDOM aozora 2016http://freedom-aozora.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP