体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【タベアルキスト】ハードボイルド・「鮮魚ラーメン」の世界 ~ 食べ歩きマニア道 其の2~

f:id:tabearukist:20160821090920j:plain

みなさん、こんにちは! メシ通レポーターのタベアルキストYamauchiです。

今回は、タベアルキストたちが特に気になるメニューを挙げ、食材や調理法などに着目し皆さんにお届けする「食べ歩きマニア道」シリーズの第2段です。

数年前から密かなブームになっている「鮮魚ラーメン」。和食でも定番の魚を極めたり、その日に入った複数の魚を日替わりで使ったり、甲殻類や貝類を使ったりと、さまざまな特徴を持ったお店が増えてきています。

そんな中から、このブームが始まる前から限定で「鮮魚ラーメン」を提供し、ラーメンマニアから近隣の常連さんにも評判となっている「超純水採麺 天国屋」を取り上げます。

f:id:tabearukist:20160822062435j:plain

「地獄ラーメン」から「超純水採麺」へ

もともとは「地獄ラーメン 天国屋」という店名でスタートし、激辛の「地獄ラーメン」を頼むお客さんが大半のお店でした。

その一方で素材にこだわった淡麗系ラーメンの人気もあり、徐々にそちらを注文するお客さんが増えて来て、3年程前に「超純水採麺 天国屋」としてリニューアル。それからは以前にも増して小さなお子さんと一緒に来られる家族連れも多くなり、子どもからお年寄りの方まで幅広い客層に愛されるお店になりました。

こだわりの淡麗系

店主・佐々木さんの作る淡麗ラーメンは、理想とする味を求めて素材を足して構築していくのではなく、素材の持つ本来の味を生かした「シンプルイズベスト」なもの。

鶏・鮭節・ウルメ煮干などの出汁と醤油・生揚醤油・白醤油・塩などのタレの組み合わせで、レギュラーメニューだけでも何種類もあります。

タレだけでも常時8~10種類も用意されており、店主のこだわりを垣間見る事が出来ます。

f:id:tabearukist:20160822062455j:plain

店名にもなっている逆浸透膜でろ過した「超純水」を使って、厳選した素材のうま味を最大限に引き出す。

そして、スープのとり方やタレの素材など日々改良を繰り返していて、毎週のように食べていてもその変化に毎回驚かされます。

限定の「鮮魚ラーメン」

一方、限定ラーメンは一発勝負。

その時々の素材の状態を視覚・触覚・嗅覚で判断し、そのうま味を最大限に引き出すための調理方法や味の組み立てを決定していきます。調理人としての経験と知識はもちろん、動物的な感覚が研ぎ澄まされていないと出来ない技です。

今までに扱った素材は、金目鯛(タイ)、真鯛、真鱈(タラ)、カジキマグロ、天然カンパチ、秋鮭(サケ)、アトランティックサーモン、寒鰤(ブリ)、黒瀬鰤、鰹(カツオ)、秋刀魚、ハタハタ、甘エビ、赤海老、スルメイカ、アブラボウズ、モウカザメなど。数えだしたらきりがありません。そしてそれらを使った全てのラーメンが、臭みが全くなくうま味だけが抽出されており、魚介類が苦手でもここのラーメンだけは食べられるという人も少なくありません。

帆立ラーメン

とある日の限定は、常連さんの田舎から送られてきた天然の帆立を使った「冷しホタテ麺」。

f:id:tabearukist:20160821090652j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。