ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

器好き必訪! 現在入手不可能な小花柄の陶器 / スイス・ニヨンの古城

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジュネーヴからすぐの湖畔の町、スイス・ニヨン(Nyon)。町のランドマークである古城には、かつてフランスの移民らが手がけた、今ではもう製造が中止してしまった、美しい「ニヨン焼」があります。

・上品な小花模様がスイスらしい「ニヨン焼」
白地に細かく描かれた、矢車菊(ル・ブルエ)やバラ(ニヨン・ローズ)の小花。かわいらしくも品格漂うたたずまいは、可憐な花模様の陶器をふちどる金のためでしょうか。

かくも素敵な陶器「ニヨン焼」が生まれた地は、スイスのフランス語圏に属する小さな湖畔の町。しかし残念な事に、30年以上も前に製造が中止されており、もうニヨン・メイドのオリジナルは手に入りません。ただし、湖沿いに建つ「ニヨン城(Château de Nyon)」ではこれらを鑑賞可能です。



・対岸はフランス・エビアン。ロケーションばつぐんの古城
スイス国鉄駅を出たら、さっそく湖に向かって歩きましょう。歩いて廻れるほど小さな町なので、15分もしないうちにニヨン城に到着します。

白亜のこざっぱりとした古城は、13世紀頃の建築。現在では歴史・陶磁器博物館、特別展覧会場や民事婚の式場があるほか、地下のワイン倉庫ではワイン試飲会やコンサートが催されています。また城を抜けて湖側に出れば、爽快なレイクビューがお待ちかねです。




・「ニヨン焼」が展示される歴史・陶磁器博物館へ
一息ついたところで、お目当ての「ニヨン焼」を見物しましょう。入館料CHF8を払ったら、らせん階段をのぼって城2階にある展示フロアへ。陽光がさす部屋のショーケースに、大切に保管されていました。

もともと18〜19世紀に作られた「ニヨン焼」。それまで陶器の生産はスイス国内にはチューリッヒ(Zurich)しか窯元がありませんでした。希少価値が高く、貴族など上流階層に親しまれた「ニヨン焼」は、上品な小花モチーフがポイント。一枚の花弁を描く場合は、細い筆で三度ストロークして緻密な線を引くという、手の込みようです。



今はもう入手できませんが、そもそも製造されていたとしても、なかなか手がのびない高級品だったかもしれません。

貴重な「ニヨン焼」を鑑賞しに、スイスに訪れたらニヨン城へ足を運んでみて。

もっと詳しく読む: 器好き必訪! 現在入手不可能な小花柄の陶器 / スイス・ニヨンの古城(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/08/23/nyonyaki/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP