体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新橋で淡路島の食を堪能。やわらかくて甘みが強い淡路島の玉ねぎがおいしい

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

新橋で淡路島の食を味わいに平日の夜訪問したのは「島の恵みと喰らえ 酒場 新橋店」。

新橋で淡路島の食を堪能。鱧を鰻のように味わう夏の贅沢

淡路島と言えば私が思い浮かぶのは鯛と蛸と玉ねぎ。淡路島の玉ねぎの甘みったら・・・最高なんですよね~。玉ねぎサラダ、そして玉ねぎの溶岩焼きで淡路島の玉ねぎのおいしさを堪能しました。

新橋で淡路島の食を堪能。鱧を鰻のように味わう夏の贅沢

やわらかくて甘みが強い淡路島の玉ねぎ。ソフトな味わいなのでシンプルな調理法で味わうのが一番おいしさを実感できそうです。お店のドリンクは焼酎、日本酒、ハイボールが充実していました。山崎のハイボール、白州のハイボールもありますよ!

新橋で淡路島の食を堪能。鱧を鰻のように味わう夏の贅沢

淡路島の日本酒、玉ねぎ焼酎、びわ茶ハイなどもあります。刺身五種盛りをオーダー。

新橋で淡路島の食を堪能。鱧を鰻のように味わう夏の贅沢

基本的に刺身の種類はお店のおまかせだそうですが、これだけは食べたい! など要望があれば聞ける範囲で聞いてくださるとのこと。淡路の蛸を入れてください!! とお願いしたら快く対応してくれました。

新橋で淡路島の食を堪能。鱧を鰻のように味わう夏の贅沢

テーブルに備えられていた淡路の藻塩で蛸を味わってみましたが、やはり淡路の蛸はお刺身でも火を通してもウマイ。そんなわけでやはり蛸をもっと食べたいので淡路蛸の唐揚げを注文。

新橋で淡路島の食を堪能。鱧を鰻のように味わう夏の贅沢

枡に入っているのが雰囲気あって良いですよね。弾力があって噛みごたえのある蛸、噛めば噛むほど旨みがひろがる。

■関連記事
知っているとちょっと鼻が高い。新橋の美味しくて小さなオイスターバル

http://tabizine.jp/2016/08/01/90670/

このお店の魅力のひとつに「伴助印の丸干しざる見せ」があります。

新橋で淡路島の食を堪能。鱧を鰻のように味わう夏の贅沢

ざるにギッシリのった干物を見て「これください!」とオーダーできる。干し鮑、注文しました。干しているので当然量は少ないですが、凝縮した鮑のうまみを実感。

新橋で淡路島の食を堪能。鱧を鰻のように味わう夏の贅沢

こんな貴重なものを食べることができるお店、なかなかないと思う。今の季節、鱧ですよね~。季節限定メニューですが、鱧のメニューがあまりに充実していてビックリ。鱧といえば天ぷらか湯引きのイメージしかないのですが、まるで鰻? と思った調理方法が面白い。蒲焼、白焼き、三杯酢のざくなど。めずらしさにひかれて鱧の蒲焼、鱧ざくを注文してみました。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。