ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美肌になるためには「何をしないか」が大切

DATE:
  • ガジェット通信を≫

美肌になるためにスキンケアを念入りにしたり、エステでスペシャルケアをしたり、何を「するか」に気を取られがちですが、「しない」ことを決めておくのも大切です。美肌のために何を「しない」ようにすべきかチェックしておきましょう。

1、日焼けしない

美肌の一番の敵は「紫外線」とも言い換えられます。日焼け止めは通年を通して使いたいのですが、日焼け止めもSPFの値が高過ぎたり、成分的にも肌に良いとはいえないものが多いのも現状です。日焼け止めこそ、ちょっと高めでもできれば肌に優しいものをチョイスしませんか。また肌色を補正するような日焼け止めを使えれば、その上にファンデーションやパウダーを重ねる必要もなくなります。日焼け止め選び、アイウエアの着用、帽子などの着用で、日焼けはしないようにしましょう。

2、洗いすぎない

20代であれば朝からしっかり洗顔しても問題ありませんが、乾燥が気になりはじめたら、朝の洗顔は「ぬるま湯」で行い、仕上げに冷水で引き締めるようにします。ポイントは洗いすぎないこと。石鹸やクレンジングを使った洗顔は夜のみの1日1回でOKです。肌荒れや大人ニキビに悩む人も、朝の洗顔で洗顔料を使うことをやめただけで改善したという例はたくさんあるのです。時間も短縮できますし、一石二鳥。

3、過保護にしない

高級美容液を使ったり、パックやマッサージをしたり、いろいろしたくなる気持ちはわかりますが、時には肌断食をして甘やかさないことも必要。肌本来の力を引き出すために、ノーメイク、ノー基礎化粧品の日を作ってみては?週1回、あるいは2週に1回の肌断食でもお肌にとっては良い刺激になります。

4、ストレスをためない

シミやしわ、乾燥もおブスな表情も、だいたいはストレスが原因になっています。やっぱりストレスフリーの心地良い毎日を送っていれば自然に笑顔が輝くはず。笑顔でいるだけで全身の健康に良いだけでなく、誰でもキレイが3割増になりますよ。

5、不潔にしない

買いたいコスメがあるのに、金額的にちょっと高くて手が出ないとため息をつくのであれば、お金を使わないでできることをしてください。最も簡単にできることが、美容に関係するものを清潔にすること!メイクブラシやファンデのスポンジを今すぐ洗いましょう。枕カバーやシーツも今すぐ洗いましょう。髪の毛を触る癖をやめ、手で顔を触るのもやめます。目をこすらないようにします。落としていないネイルをきれいにオフして爪の隅々までピカピカに洗い上げてください。つけっぱなしのマツエクのせいで目の周りがくすんでいないかもチェックしましょう。

writer:サプリ編集部

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP