ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スタミナだけじゃない!にんにくには女性にうれしい○○効果が!

  • ガジェット通信を≫


にんにくと言えば、スタミナ食材として有名ですが、疲労回復、滋養強壮以外にも、実は美肌やアンチエイジングなど美容面にも高い効果を持っています。

しかし、健康に良いとは言っても、過剰に摂取をしてしまうと体調を崩してしまう危険もあります。

そんなにんにくの栄養、魅力、そして注意点について栄養士に聞いてみました。

「にんにく」は栄養素がたくさんつまっている!

にんにくは中央アジア原産で、古くから強い強壮効果がある薬用植物として利用されてきたネギの仲間の野菜です。

食用するのは地下茎が肥大した部分です。

にんにくには、以下のような実に豊富な栄養素が含まれます。

カリウム

体内の余分な塩分や水分を出し、むくみ解消や血圧を下げる

アリシン

疲労回復や滋養強壮に効果抜群

アルギニン

ホルモンバランスをととのえ、老化防止、更年期障害緩和に有効です。

他にもにんにくにはビタミンB1、B2、B6、ビタミンC、食物繊維、葉酸、カルシウム、マグネシウムが含まれてるので、栄養素の宝庫ともいうべき食材です。

「にんにく」を食べると嬉しい効果がいっぱい

にんにくのなかでも、DATS(ジアリルトリスルフィド)と、スコルジニンは特に注目すべき栄養素ではないでしょうか。

DAT

ガン細胞の繁殖を抑え、正常な細胞に戻す効果があり、ガンの発生率を下げます。

スコルジニン

血管を拡張し血液の流れをスムーズにしてくれるので、血圧を安定させてくれます。また冷え性改善にも効果があります。

また、スコルジニンは血液循環を良くし、代謝を促進し皮膚の水分と脂分をバランスよく整えるので、美肌にも効果的です。

他にも、にんにくは交感神経を刺激する作用があるので、それにより体内の代謝を活発にし、脂肪燃焼を加速させるのでダイエットに効果的ですし、さらにポリフェノールも含んでいるので、アンチエイジング効果も期待できます。

でも「にんにく」の食べすぎには要注意!

にんにくは胃の粘膜を刺激し消化を促進させますが、過剰に摂取することによって胃をに炎症を起こし、下痢や便秘を引き起こす危険性があります。

これはにんにくの殺菌作用が胃腸内の悪玉菌だけでなく、善玉菌も殺してしまうためです。

特に空腹時には、胃腸を刺激しすぎてしまい、胃痛や腹痛を起こすことがありますので注意しましょう。

1日で食べて良い量としては、生の場合だったら1片、火を加えた場合でしたら2,3片くらいが理想でしょう。

近年話題となっている「黒にんにく」って何?

黒にんにくは、白いにんにくを高温、高湿という環境のもと、約1か月かけて熟成させて作られます。長時間熟成されることで、自己発酵して黒く変化させたにんにくのことです。

発酵熟成により糖度が増し、ドライフルーツのような甘みになります。臭いもありません。

また抗酸化力は白いにんにくの約10倍、ガン予防効果のある成分などは数倍以上に増えます。

にんにくと相性の良い食材

にんにくを食べる際には、ビタミンB1を含む豚肉、レバー、玄米などと一緒に摂ることがおすすめです。

にんにくのにおいの素であるアリシンとビタミンB1が結びつくと、吸収率が高まり、それによりエネルギー代謝が向上し、疲労回復、スタミナ効果が期待できます。

またアリシンは油に溶かすと分解、結合し、ガンを予防する成分(スルフィド類)に変化しますので、ガン予防には、油とにんにくと一緒に摂るのが効果的です。

栄養士からのアドバイス

どんなに栄養のある食べ物も、適量は良薬に、また食べ過ぎれば毒になることもあります。

栄養、スタミナ満点、男性はより強く、女性はより美しくなれるにんにくを毎日続けて適量食べて、元気に、キレイになりましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

美人鍼灸師直伝!夏バテの防止・解消に効き過ぎ注意のツボ、教えます。
【医師監修】実践的な「バランスの良い食事」のススメ
自分にわからない苦しみだからこそ。パートナーが生理中に男性がすべきこと

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP