ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ひとさじプラスで本格中華の味!丸美屋から中華複合調味料「深まるひとさじ」2種が新登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

調理の仕上げに人さじ加えると本格的な味わいなるといった調味料は昔から人気だが、丸美屋から「深まるひとさじ<花椒ラー油と豆板醤の辛味噌仕立て>」「深まるひとさじ<焦がしにんにく油と甜麺醤の旨味噌仕立て>」が8月25日に登場。

2つの商品は、新しいタイプの中華複合調味料で、香り、旨味、コクをだすために様々な調味料、香味油、香味野菜、ひき肉を煮込んでおり、料理が出来上がった後、食べる直前に入れても美味しいので、個々の舌にも合わせることが可能に。中華料理以外にも、様々な料理に入れても美味しい。

豆板醤、花椒ラー油に、花椒、にんにく、生姜や豚ひき肉を配合した「深まるひとさじ<花椒ラー油と豆板醤の辛味噌仕立て>」は、深いコク、鮮烈な辛味や香りが感じられ、ヤミツキになる味わいに。麻婆豆腐をはじめ、ラーメン、餃子のたれ、野菜炒めなどに入れると辛さが引き立ち美味しさが増す。

甜麺醤をはじめ赤味噌、焦がしにんにく油(黒マー油)、葱油に、にんにく、生姜、鶏ひき肉などを配合した「深まるひとさじ<焦がしにんにく油と甜麺醤の旨味噌仕立て>」は深いコクと香ばしいにんにくの香りが感じられる仕上がりに。ラーメンをはじめ、チャーハン、塩焼きそば、野菜炒めなどに入れると深いコクが引き立ち美味しさが増す。

希望小売価格は、どちらも250円(税抜)。家庭で作る料理の味は、どうしてもマンネリになりがちだが、2つの商品を使えば、いつもとは少し違う、リッチな味わいになることだろう。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP