ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東電の子会社など、公衆電源サービス「espot」の実証実験を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京電力エナジーパートナーは 8 月 22 日、ソニービジネスソリューションや関電工の協力の下、都内の一部のレストランやコンビニで「espot」と呼ばれる公衆電源サービスの実証実験を開始しました。espot(エスポット)は、認証・課金型でコンセントを貸し出す公衆電源サービスです。店舗には専用の装置が設置され、料金を支払うことで USB またはコンセントの電源を利用できます。ユーザーは事前にプリペイドカード(IC カードタイプ)を購入するか、espot に表示されている QR コードをスマートフォンで読み取りネット上でクレジットカード決済を済ませると、200 円 / 20 分を基本にコンセントを利用できます。料金は設置店舗などで変わる場合もあるそうです。プリペイドカード「espot カード」は 5 度数 / 500 円で販売されます(設置店舗で販売されます)。20 分おきに 1 度ずつ減っていくという、まるでテレカを彷彿させる仕組みです。度数が無くなっても 1 度ごとにチャージすることもできます。実証実験ではモニターによるテストが実施されます。導入店舗は、都内の大戸屋 5 店舗 41 台、ローソン 25 店舗 96 台、東京テレポートセンター管理ビル 6 カ所 13 台です。Source : espot 公式サイト

■関連記事
Samsung、来年にもプレミアムスマートフォンの再生品を販売へ
Meizu Pro 7? Meizu MX6? エッジスクリーンを搭載したMeizuスマートフォンの画像が流出
エレス、容量3,600mAhの軽量コンパクトなモバイルバッテリー「Style Charge」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP