ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お宝眠っていませんか?レトロ雑誌を高価買取してもらうポイント

  • ガジェット通信を≫

何でも集めてしまう癖のある人は、もしかしたら家に素晴らしいお宝が眠っている可能性があります。それはレトロ雑誌と呼ばれる分野の中古品で、持ち主はただ捨てられずに持っていただけの雑誌が、高価買取の対象になるようなこともあります。ここではどんな雑誌がレトロ雑誌になるのか、そしてその買取のためのポイントを紹介します。

どんな雑誌をレトロ雑誌として買取してもらえる?


photo by Keisuke Mutoh

レトロ雑誌の明確な定義はありませんが、基本的に明治、大正そして昭和に発行された雑誌がその対象となります。昭和の60年代と明治時代とでは雑誌の内容も、希少性も大きく違いますが、それでもすでに手に入りにくい雑誌としてどちらも重宝されています。

レトロ雑誌はその希少性としての価値、そして歴史資料としての価値があるため、ただの古雑誌とは違った価値があります。

買取価格が高くなりやすいジャンルとして、昭和時代のアイドル雑誌や、少年漫画雑誌などですが、昭和時代のレトロ雑誌で、誰でも簡単に手に入れることができる雑誌は、買取価格が200円以下になるのがほとんどです。

安いと思うかもしれませんが、昭和時代のレトロ雑誌の場合は、資料としての価値も低くなるため、なかなか高価買取にはなりません。それでも有名な雑誌の創刊号や、アイドル雑誌などは高価買取の対象になることもあります。

思わぬ雑誌が高値になることもありますので、レトロ雑誌はまずは査定してもらうことが重要になります。

レトロ雑誌はどこに買取してもらう?


photo by Penn Japanese Collection

レトロ雑誌の買取は、レトロ雑誌に関する知識を持った人に査定をしてもらわなければ、正しい価値での買取を期待することができません。例えばブックオフなどで中古買取をしてもらった場合は、レトロ雑誌は二束三文の価値にしかならないことがほとんどです。

ブックオフではレミアムがつくようなレトロ雑誌であっても、ただの古い本として扱われます。

とはいえレトロ雑誌の専門店であればどこで買取してもらっても大丈夫というわけではありません。レトロ雑誌を取り扱っている買取店でも、その価値をしっかりと判断することができる鑑定眼をもった買取店に査定してもらう必要があります。

特にレトロ雑誌はその種類も多く、しかも明治や大正時代の雑誌にもなると、その価値を判断することが非常に難しくなりますので、買取実績も高く、正確な鑑定眼を持った買取店に買取査定をしてもらう必要があります。

レトロ雑誌の買取では、買取店選びが非常に重要になります。専門店であっても安値でしか買取できない買取店もありますので、レトロ雑誌の取扱数が多く、買取実績の高い買取店を選びましょう。

レトロ雑誌のおすすめ買取店

それでは次にレトロ雑誌を買取してもらうときに、おすすめしたい買取店を紹介します。

アッサンブラージュ

出展:アッサンブラージュ
アッサンブラージュは福岡にある、レトロ雑誌の買取を行っている古本屋です。実店舗での買取と、福岡県内の出張買取、そして全国からの宅配買取をしています。

取り扱っている雑誌の種類も多く、ホームページ上で買取リストをチェックすることが出来ます。もして手元にあるレトロ雑誌が買取リストに当てはまるようであれば、アッサンブラージュで買取査定をしてもらいましょう。

三月兎之杜

出展:三月兎之杜
三月兎之杜は埼玉にある、古書の宅配買取と出張買取の専門店になります。状態が悪い雑誌であっても、資料としての価値が高いものに関しては、その価値を判断して買取してもらえます。

出張買取も全国対応していますので、宅配で送ることが出来ないくらい、大量にレトロ雑誌があるような場合に利用したい買取店になります。

カルチャーステーション

出展:カルチャーステーション
カルチャーステーションは東京にある雑誌の買取専門店です。店舗での買取だけでなく、宅配での買取も行っています。

ホームページ上でレトロ雑誌の参考買取価格を調べることが出来ますので、自分の家にある雑誌がどれくらいの価値があるのかを事前に確認することが出来ます。1973年のTVガイド45冊が90,100円での買取実績があるなど、高値買取を期待できる買取店です。

レトロ雑誌を高価買取してもらうためのポイント

それでは実際にレトロ雑誌を買取してもらうときの、高価買取のポイントについて紹介します。

複数の買取店で査定してもらう

レトロ雑誌の価値はある程度の相場はあるものの、その買取価格は買取店によって大きく変わります。ある買取店は10円と査定したレトロ雑誌が、他の買取店では1000円という価値がつけられることも珍しくありません。

特にブックオフなどでは買取価格はとても低くなりますので、できることならブックオフのような大型チェーン店ではなく、複数の専門店で査定してもらいましょう。

できるだけセットで買取してもらう

レトロ雑誌の専門店であれば、単品でも査定してもらえますが、セットになっている方が買取価格が高くなります。単品よりもセットのほうがコレクションとしての価値が高くなるためです。

もしひとつの雑誌を何十年分もあるような場合には、雑誌によっては非常に高価な価値になることもあります。雑誌が多すぎてよくわからないというようなときは、出張買取を依頼するようにしましょう。

できるだけ早く買取してもらう

レトロ雑誌は古くなればなるほど価値が出やすくなりますが、古くなればなるほど状態も悪くなる傾向にあります。レトロ雑誌は状態が悪すぎる場合、買取不可になることもありますので、不要になったらできるだけ早く買取してもらいましょう。

もしすでにプレミアム価格になっているレトロ雑誌を、しっかり温度や湿度管理して保管できる場合は、その価値がもう少し高くなるまで持っておくという方法もありますが、あまり現実的ではありませんので、売りたいときが売りどきなのだと考えましょう。

まとめ

レトロ雑誌は、その価値を理解してる買取店でなければ、買取不可になったり、二束三文での買い取りになることがほとんどです。ブックオフのようなチェーン店ではなく、レトロ雑誌の専門店で買取してもらいましょう。

レトロ雑誌は買取店によって買取価格が大幅に変わることもありますので、複数の買取店で査定してもらい、高価買取を目指しましょう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP