体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

現地モデルの日本車がずらり! インドネシアオートーショーをレポート

▲アジアショーならではの活気あふれるショー会場。多民族国家ということもあり、訪れる人もさまざま

▲アジアショーならではの活気あふれるショー会場。多民族国家ということもあり、訪れる人もさまざま

圧倒的なシェアを誇る日本車

インドネシアの首都、ジャカルタで毎年夏に行わるモーターショーが、GAIKINDO(インドネシア自動車協会)主催のインドネシアオートショー。2016年は8月11日から21日まで行われた。世界の中でも日本車販売シェアが高いインドネシアだけに、ショーの主役はもちろん日本車。インドネシア独自のモデルを中心にお送りしていく。

▲日本でも人気のトヨタ シエンタ。よく見ると、フロントフェイスがちょっと違うことに気づく。これはインドネシアのデザイナーによるもの。また、道路環境の悪さを考慮して、最低地上高は日本仕様よりもアップ。さらに、6速MT仕様も用意されるため、インパネデザインがフロアシフトに変更されている点もご当地ならでは

▲日本でも人気のトヨタ シエンタ。よく見ると、フロントフェイスがちょっと違うことに気づく。これはインドネシアのデザイナーによるもの。また、道路環境の悪さを考慮して、最低地上高は日本仕様よりもアップ。さらに、6速MT仕様も用意されるため、インパネデザインがフロアシフトに変更されている点もご当地ならでは

▲トヨタからはもう一台、フォーチュナーを紹介。新興国向けシャーシをベースとしたSUVモデルだが、レクサス車を思わせるほど質感の高い、押しの強さを持つ顔つきはインパクト大。2.4Lのディーゼルをメインに、2.7Lガソリンエンジンも設定される。組み合わされるミッションは6ATとなる

▲トヨタからはもう一台、フォーチュナーを紹介。新興国向けシャーシをベースとしたSUVモデルだが、レクサス車を思わせるほど質感の高い、押しの強さを持つ顔つきはインパクト大。2.4Lのディーゼルをメインに、2.7Lガソリンエンジンも設定される。組み合わされるミッションは6ATとなる

▲ホンダは、フィットよりも小さい新興国向けハッチバックのブリオをスポーティに仕立てた、ブリオRSリミテッドエディションを展示。RSのロゴが入ったスポーツシート、スポーツチューンドサスペンション、リアバンパーガーニッシュなどが採用された。パワートレインは、1.2LエンジンとCVTの組み合わせ

▲ホンダは、フィットよりも小さい新興国向けハッチバックのブリオをスポーティに仕立てた、ブリオRSリミテッドエディションを展示。RSのロゴが入ったスポーツシート、スポーツチューンドサスペンション、リアバンパーガーニッシュなどが採用された。パワートレインは、1.2LエンジンとCVTの組み合わせ

▲インドネシアでは、2016年春に発売されたホンダ シビック。東南アジア市場では、タイに次いでの投入になる。当地では高級車に位置づけられ、スポーティさ、趣味性などが強調されていた。街中のビルボードでも、「北米カーオブザイヤー」などのコピーで存在感が際立っていた

▲インドネシアでは、2016年春に発売されたホンダ シビック。東南アジア市場では、タイに次いでの投入になる。当地では高級車に位置づけられ、スポーティさ、趣味性などが強調されていた。街中のビルボードでも、「北米カーオブザイヤー」などのコピーで存在感が際立っていた

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。