体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

〜Vol.4〜 日本と巨大なアフリカが話し合う、アフリカ開発会議(TICAD)とは。

みなさんはTICADという国際会議をご存知でしょうか?これは日本とアフリカの各国及び共催機関で行われる国際開発会議のこと。2016年8月27日,28日に第6回目が開かれます。TICADを支える北川さんにアフリカと付き合う理由とやりがいを聞きました。

12億人が、多種多様な環境や文化の中に暮らす、スケールの大きな「機会と希望の大陸」。それがアフリカ。

【広大なアフリカの大地。多種多様で感性豊かな人々や文化が生まれるのも、この大陸ならでは。】

みなさんは、“アフリカ”と聞くと何を思い描きますか?恵まれない子どもたち?紛争、干ばつや大飢饉?これも確かにアフリカの一面ではあります。私も、最初は、そんなイメージを持っていましたが、赴任したボツワナは、ダイヤモンドなどの鉱物資源やサファリなどの観光資源に恵まれていて、福祉や教育制度が整った比較的豊かな国。一口に、アフリカといっても、本当に多彩な国があるんだなぁと、感じた瞬間でした。実際、アフリカには、54もの国があり、車で国境を越えたりすると、土の色からまるで違うような世界。それだけ多様な人がいて文化がある。アフリカには、いま約12億人以上が暮らし、日本からの距離は、約1万km。日本からは遠く感じられるかもしれないアフリカ大陸と、なぜ、日本が手と手を取り合うことになったのかをお話しします。

約1万km、54カ国、34/49、1993。TICADを知る4つの数字。

【54カ国もの国が集まるTICAD。さらに2国間での対話もおこなうためタイトなスケジュールになることも多いのです。】

TICAD【Tokyo International Conference on African Development(アフリカ開発会議)】という名称で、日本がアフリカとの対話を始めたのは、1993年に遡ります。冷戦が終わり、欧米先進国が急速にアフリカへの興味を失っていた時代でもありました。そんな中、日本がアフリカに注目したのは、世界の開発途上国の約7割を占めるアフリカ(49か国中34か国がアフリカの国々)に対する支援を行う必要性を感じたことに加えて、豊富な資源や増え続ける人口を背景とした巨大なマーケットなど、ビジネスパートナーとしてのアフリカにも限りない可能性を感じたから。国際機関などの共催者たちとともに、日本がしっかりとアフリカと友好関係を築くことで、将来に渡って世界がアフリカを応援するような、よいパートナーシップの形をつくりたいと考えたのです。こうして始まったTICADは、だからこそ「日本が一方的に援助を行う」という関係ではなく、アフリカが「将来的に自信を持って自立できる」ことを目的としたものでした。こうして日本は、ずっと、アフリカの“パートナー”として、「アフリカの開発のためには何が必要なのか」という対話をアフリカ各国と行ってきたのです。

TICADにとって、今年は記念すべき年!

そんなTICADを通じ、23年間育んできた日本とアフリカの絆。実は今年は、節目の年でもあるのです。というのも、これまで、この会議は東京や横浜など、ずっと日本で行われてきたのですが、今年は初めてケニアで開催されるのです。これは、アフリカ側からTICADを自分たちの大陸でやりましょう!我々がホストします!と提案があったもの。TICADが目指してきた、アフリカが自ら主体的に国をつくっていくという「オーナーシップ」の考えが、具体的に表れた証です。同時に、これまで5年毎に開催されていた会議も、アフリカと世界の進歩のスピードに合わせ3年毎の開催とすることに。おおらかで、少しのんびりしたところのあるアフリカ人ですが、彼らの中には、自分たちの文化と考え方への強い誇りがあります。そんな彼らと時間をかけながら、信頼関係をつくってこれたこと。TICADの初のアフリカ開催は、そんな変化の象徴のように思えて、TICADに関わる私たちは、とても嬉しく感じているんです。初のアフリカ開催に向け、会議の準備も加速しています。ただ、TICADは会議が終われば“終了”というものではありません。たとえば、わたしが担当している保健分野は、大きな被害をもたらしたエボラ出血熱の西アフリカでの流行の教訓もふまえて、感染症に対応したり、より良い保健システムを幅広い人々に提供することを目指しています。そのために、「保健分野の人材育成を○万人行う」など具体的に目標を決め、毎年進捗状況をチェックしながら、発展の道のりをサポートしていくのです。これをTICADプロセスと呼んでいますが、今回で6回目を迎えるTICADVIはそのステップに進むためにアフリカ各国と日本及び共催機関が意思決定をする重要な場。そして、この会議を節目として、次のプロセスに向け、課題解決に向けての道のりが続いていきます。

たとえば「カイゼン」。アフリカで広まった日本語があります。

1 2 3次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。