ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

主人公は自分自身!「完全1人称」前人未到のアクション映画『ハードコア』来年4月公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
主人公は自分自身!「完全1人称」前人未到のアクション映画『ハードコア』来年4月公開

完全1人称で構成されるアクション映画『ハードコア』(原題:『HARDCORE HENRY』)が2017年4月1日(土)に日本公開されることが決定した。

2014年、ネット上で映画ファンを興奮させたショートムービー『HARDCORE』。映像には、『第九地区』、『エリジウム』などの俳優シャールト・コプリーが映り、何者かと戦う主人公がコプリーと共闘し、激しい撃ち合い、そして肉弾戦を繰り広げ、誰も見たことのないアクションが展開していた。主人公の視点のみの完全1人称=FPS(ファースト・パーソン・シューティング)で構成されており、圧倒的な臨場感を味わうことができるこのショートムービー。Youtubeでの再生回数が約500万回となり、映画ファンを中心に「この先が観たい!」「なんなんだこの映像は!」「最高だ!」という声が瞬く間に広がっていったのだが実は、映画として製作するためのプロモ映像だったのだ!

『HARDCORE』

この話題をきっかけにクラウドファンディングが結実し長編化。2015年、トロント国際映画祭の「ミッドナイト・マッドネス」にてプレミア上映され、作品を観た観客は映画祭最高潮の盛り上がりをみせ、ピープルズチョイス・ミッドナイトマッドネス賞を受賞。その後『HARDCORE HENRY』として全米約3000館で公開し、初登場5位を獲得したのであった。

本作を手掛けるのは『ウォンテッド』や『ナイト・ウォッチ』など映画に映像革命をもたらした国、ロシア出身のイリヤ・ナイシュラー。出演は前出のシャールト・コプリーを筆頭に『ラブソングができるまで』で映画デビューし、『イコライザー』に出演したヘイリー・ベネット、『レザボア・ドッグス』、近年では『ヘイトフル・エイト』に出演したティム・ロスら豪華俳優陣。そして、主人公は、ヘンリーと呼ばれるあなただ。あなたは、愛する人を守るために謎の組織との壮絶な戦場に放りこまれる…。

イリヤ・ナイシュラー

さらに、今年で幕を閉じる10周年のカナザワ映画祭(9月17日~25日/上映日は9月24日(土)18:20~)で爆音ジャパンプレミアを行う本作。監督のイリヤ・ナイシュラーの来日舞台挨拶も大決定している!!!

目を覚ますと、そこは見覚えのない研究施設だった。妻のエステル(ヘイリー・ベネット)がヘンリーの腕に機械の腕を取り付けている。大きな事故があり、ヘンリーの体は激しく損傷していた。機械の腕と脚を装着され、声帯を取り戻す手術に取りかかろうとしたとき、侵入者が襲い来る。謎の組織のリーダーであり圧倒的な能力を持った男エイカンは破壊行為を繰り広げる。なんとか脱出を試みるが、組織の包囲網によりエステルがさらわれてしまう。機械のパーツを取り入れたヘンリーは超人的な身体能力を駆使し、妻を救出する為命を賭けた戦いに身を投じていく–。

映画『ハードコア』は2017年4月1日新宿バルト9ほか全国ロードショー!

(C) 2016 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

Hardcore Henry Official Trailer

■今月のAOL特集
元人気子役たちの今&昔【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

子供の忘れ物を届けにくる親に対して学校側が示した「ある方針」が話題に 「保護者の皆様、即刻お帰りください」
【リオ五輪】中国代表の女子水泳選手がアツい! ユニークなキャラで人気の対象的な美女2人が話題に
​マジで強い!カバ裏最強説再び 凶悪なサメを瞬殺で一蹴【動画】
ドラマ『そして、誰もいなくなった』が視聴者に与える本当の恐怖とは
MCバトル中にラッパーが客からぶん殴られる珍事件が発生! その理由とは?

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。