ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

どんぐりガムはバーコードで当たりが判別できる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

どんぐりガムは、キャンディをかじると中からガムが飛び出す駄菓子。100個入りの容器には3個の当たりが入っています。そんなどんぐりガムシリーズから、今回はコーラ味をピックアップ。当たりの見分け方を調べてみると、目視で判別できつポイントが見つかりました。

どんぐりガムの当たりに明確な違い

当たりが出たらもう1つもらえる「どんぐりガム」。パッケージ表面の黒塗り部分の裏に「あたり」が書かれています。以前はどんぐりガムのアップル味を調査。当たりを見分けるための違いを発見しています。

どんぐりガムはシリーズになっていて、現在はコーラ味とサイダー味、アップル味、グレープ味の4種類。そこで、今回は、どんぐりガムのコーラ味にチャレンジです。

さっそく前回の相違点であった印刷文字の潰れの有無と、記載位置のズレを意識して調べていきます。すると、どんぐりガムのコーラ味にも当たりとハズレで明確な違いが判明しました。

どんぐりガムのバーコードに注目

どんぐりガムの当たりを見分けるポイントはパッケージ裏面。バーコードが印刷されている位置を比べるのです。

どんぐりガムのパッケージの裏側バーコードの数字部分に注目すると、当たりは袋の接着部の凸部分に数字がかぶっています。一方ハズレは、接着部にはかぶっていません。容易に判別できるでしょう。

具体的には、当たりはバーコードの数字が、袋の接着部にある凸部分にかぶっているのがハッキリ分かるのです。ハズレとの違いは一目瞭然です。この情報は『ラジオライフ』2016年8月号に掲載されていました。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
チョコボールはエンゼル対策でダミーが存在する
チョコボールの当たりを見分ける方法まとめ

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。