ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウィル・フェレルとジョン・C・ライリー、シャーロック・ホームズのコメディ映画で再共演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シャーロック・ホームズとワトソン医師の姿を描くコメディ映画『Holmes and Watson(原題)』(米ソニー・ピクチャーズ製作)で、ウィル・フェレルとジョン・C・ライリーが再び共演する。

フェレルとライリーにとって、本作は映画『タラデガ・ナイト オーバルの狼』と映画『俺たちステップ・ブラザース -義兄弟-』に続く、3度目のコラボレーションとなる。

プロデューサーはモザイクとゲイリー・サンチェス。イータン・コーエンが自筆による脚本で監督する。全世界からやって来る敵に立ち向かう2人組の姿を描く。

米パラマウント・ピクチャーズが製作し、フェレルがプロデュースした映画『パパVS新しいパパ』は全世界で2億4000万ドルを稼ぎ出した。フェレルはコーエンと、昨年に公開した映画『ゲットハード/Get Hard』でもコンビを組み、世界興収1億ドルを記録している。

ライリーは今後、映画『Kong: Skull Island(原題)』に出演するほか、米ウォルト・ディズニー・カンパニー製作のアニメーション映画『シュガー・ラッシュ』の続編で、再び主人公の声優を務める。

ジョナサン・カディンがコロンビア・ピクチャーズ側、クリス・ヘンチーとジェシカ・エルバウムがサンチェス側で監修する。

コーエンが脚本を執筆した作品には、映画『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』や映画『メン・イン・ブラック3』、アニメーション映画『マダガスカル2』などがある。

米ワーナー・ブラザースは、ガイ・リッチーが監督し、ロバート・ダウニー・Jrがホームズ役、ジュード・ロウがワトソン役で出演した映画『シャーロック・ホームズ』のシリーズ2作は好成績を収めたと考えている。両作品とも、興行収入は全世界で5億ドルを越えている。

『シャーロック・ホームズ』は、英国の作家アーサー・コナン・ドイル卿によって創作され、1887年から1927年までに、4本の小説と56本の短編が発表された。1939年から1946年にかけて14本製作された映画版では、ベイジル・ラスボーンがホームズを演じた。

フェレルはUTAとモザイク、ライリーはWMEとフレイムワーク、コーエンはCAAとモザイクと代理人契約を結んでいる。このニュースはDeadline Hollywoodが最初に報じた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP