体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジブリグッズコレクターがゆく『ジブリの大博覧会』六本木編

現在、六本木ヒルズの52階では『ジブリの大博覧会~ナウシカから最新作「レッドタートル」まで~』が開催されております。
昨年(2015年)から愛知を皮切りに、新潟・東京と好評を博しつつ巡回しているわけですが、この東京展では愛知・新潟ではなかったジブリの新作映画「レッドタートル展」「空とぶ機械達展」の二つの展示も追加されてさらにパワーアップ!

今回は、その新しく追加された展示の見所をご紹介しつつ、7月に行われた報道関係者向け内覧会時にスタジオジブリ制作業務部取締役部長であり、「ジブリの生き字引」としても有名な野中晋輔さんの話も絡め、ジブリグッズコレクター(筆者)らしいレポートをお届けしますヨッ(笑)
ということで、ジブリの大博覧会六本木ヒルズ編スタートです。

※本稿に掲載している写真は報道関係者向け内覧会時に撮影したものです。

【関連:『ジブリの大博覧会』行ってきた!マニア目線で見所解説】

ジブリの大博覧会

まず地上から会場である52階までエレベーターで上がるのですが、受付でならび、エレベーターに乗るのでならび…とナカナカ会場までの道程は長いです(笑)この記事を書いている8月7日現在での公式ツイッターによる最長待ち時間は150分待ち。あまりに暑い日は覚悟を決めて行ったほうが良いかと思われます。
ただ比較的、夜になってくると空いてくる傾向にもありますので、22時まで(最終入場21時30分)
やっている大博覧会ですからそちらで行くのもオススメです。

会場へ無事に到着すると、スタジオジブリの最新作である「レッドタートル ある島の物語」の展示から始まります。展示にはマイケル監督が影響を受けた画や絵コンテの一部などが展示されており、その創作の過程を垣間見ることができます。

レッドタートル展 入り口

次はジブリの大博覧会に移り、バーカウンターでは皆さんお馴染みのトトロがお出迎え。

入り口のトトロ

そこを抜けると過去のポスター郡やセル、原画、キャッチコピーが決まるまでの鈴木敏夫さんと糸井重里さんのFaxでのやりとり等と、それこそココでしか見られないようなものが盛り沢山!
やはりココではじっくりと、本物の持つ力強さや繊細さを感じ取ってほしいと思います。
特にセル画にいたっては、トレス線と呼ばれる輪郭線の劣化や退色がしやすく、30年前の作品のセル画がこのような良い状態で残っていることがまさにキセキ!
その保管状態からも、いかに今まで大切にされてきたのかが良くわかります。

セルの保存状態が良い

よく見ていると気が付くのですが、ここで展示されているセル画のほとんどがポスター用に使用されている一点モノなので、動画用のセル画でよく使われるベタ塗りオンリーではなく、ハーモニー処理が施されているセル画が多いのも見所のひとつ。
ハーモニー処理とはセル画に絵画的な処理を施すことを指し、ジブリ作品ではそのほとんどを高屋法子さんが担当しておりました。
普段見ているベタ塗りのセル画の印象とは違い、一手間も二手間も掛かっているこのセル画。じっくりと堪能してください。

1 2 3 4次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。