ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

二階堂ふみが「人生の岐路並みに悩む」食べ物

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE日曜23時からの番組「ROCK WITH YOU」(ナビゲーター:ハマ・オカモト、二階堂ふみ)8月21日のオンエアでは、「声優をやってみたい!」と話す二階堂の甘い声からスタート(笑)。

突然キャラを変えて話し始めた二階堂にも、瞬時に対応するハマを見て「こっちが何かを振ったらハマくんが絶対何か返してくれる! (二階堂からするとハマは)ガチャガチャですよ!」と、パートナーの対応力に賛辞を送っていました。

そんなこの日のテーマは「ROCK with かき氷」! “猛暑を乗り越えるリーサルウェポン”こと、かき氷を掘り下げていきます。

同番組では、テーマに対して2人が1つずつワードを挙げてトークをしていきますが、「かき氷」に対してハマが発したワードは「思い入れなし!」。

ハマはかき氷に対して思い入れが全くないそうで、「今日を通して知っていこうと思っています」とのこと。お腹が弱めで、氷系の食べ物が苦手…ということも原因としてあるそうですが、なんと「全然食べたこともない」そうです。

それに対して二階堂の「かき氷」へのワードは「もう思い入れしかない!」。

「毎回、人生の選択並みに悩むんです。そのとき食べるフレーバー(味)を!」と熱く語る二階堂に、ハマが「味なんて3つくらいしかないでしょ」と反論すると…

「いや、それがいろいろあるんですよ! ちょっといいかき氷屋さんとか行くようになるじゃないですか? すると、ぶつ切りのイチゴがドバーっとかかってるような『イチゴ』も食べたいけど、抹茶をふんだんに使った『宇治金時』も食べたいし、地元の沖縄に戻ったときは『氷ぜんざい』食べたーい! ってなりますし…」と、まさに熱弁(笑)。

「最近は本当に、人生の岐路に立っているかのように悩みます」(二階堂)と、かき氷屋さんでは何味を食べるか毎回真剣に熟考しているそうで、無関心なハマに対して「一緒に行きましょ!」と誘う二階堂でした。

番組では、かき氷の歴史を学んだり、東大の敷地内にあるお店の人気かき氷、黒胡椒や山椒が入ったかき氷の話などを聞き、ハマも興味を持ってきた様子。

もともと大好きだった二階堂は「オールシーズン食べられるとはいえ、やっぱり夏が一番おいしく食べられますから…暑い野外で食べてもいいですし、心地良いおうちとかで食べてもいいですし。かき氷を楽しみましょう!」とリスナーに呼びかけていました。

次回8月28日(日)のテーマは「ROCK with TOKYO」ということで、東京の魅力に2人が迫ります。お楽しみに!

【関連サイト】
「ROCK WITH YOU」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/rockwithyou/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP